市場は更に「トランプリスク」を懸念、日足(平均足)の実体部を下回って推移 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



■昨日は、トランプ大統領の保護主義強化に対する警戒感が
強まる中、欧米株式市場の下落が投資家心理を低下させ、
リスク回避の円買いが優勢の展開となりました。

また、難民やイスラム圏の入国一時禁止が各国に影響が
出始めていることで、米正解でも政情不安が台頭しています。


■これまでトランプ大統領が就任して10日余り、物凄い
スピードで意図も簡単に大統領令を発動してきました。

異例であることは間違いなく、そのスピードに各国が
対応できていないという現状もあります。

少なくても、「スピード実行=政権公約実行=期待」と
今まではなっていました。
それがゆえに相場もそれなりにリスク志向になっていました。
しかし、「入国禁止決定」には、待ったがかかり、デモや抗議の
動きが拡大していることで、リスク回避に傾きやすくなっています。


■昨年までは、「トランプ期待」ということで、リスク選好的な
相場展開でした。しかし、今年に入りトランプ大統領に影や
リスクといった負の面が、ようやく国や経済、
そして企業にまで注目されてきたという印象です。

日米金利差は多少あるものの、米国の実質金利からすれば
このドル高等を考慮すれば、それほど大きな金利差が
あるとも思えません・・。

今後FRBが目指す完全雇用と物価上昇にもトランプ大統領の
発言次第では水を差しかねない可能性もあります。

この相場はその経済指標を既に織り込まれており、これ以上
良くなるには、市場が期待している以上のものを出す必要があります。


■4年間というとても短いスパンで結果を残さなくてはいけないと
いう使命感が、更に市場を混乱させる可能性もあり、
その意味ではこれからが本当の意味での「トランプリスク」に
発展する可能性もあると、いう見方を持ちつつ相場を
みていく必要があります。



■最後にドル円です。

日足平均足改良版0131


一昨日のレンジ上限の上髭陽線、昨日の大陰線となっており、
後味が悪い展開となっています。
ドルが重い展開と世界的にリスク回避の円買いが重なっています。
それがゆえに、次のトランプ発言では直近安値112.50を
下抜く可能性もありそうです。


・ブレイクダウン狙いの112.50円の逆指値の売り

・戻り待ちの114.00円での売り




■お知らせ■

↓↓↓↓
人数限定:FXのスキル向上&好成績を狙う手法も提供 7時間集中セミナー開催




◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村



FXニュース | 2017-01-31(Tue) 11:32:45 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

市場は「円買い」に敏感に、警戒感が台頭する中での戦略とは?

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



■本日のドル円は、週末の米国への入国規制での混乱が
「円買い」を連想させ、「下窓」を開けてスタートしました。

■今週は、日銀の金融政策決定会合やFOMCとイベントが
待ち構えているので、神経質な展開が予想されます。


■その中で、今週のドル円はトランプ大統領の
保護主義政策の観点からドル安に傾く動きを想定しています。

先週のトランプ大統領の動きや発言、署名を見る限り、
どれをとっても保護主義カラーが目立ちます。

メキシコや中国への高関税率には驚きです。
というのも世界にはWTOがあり、その枠組みの中で貿易が
行われていますが、今回のある一定の国だけの高関税率は
このWTOに抵触する恐れがあります。

トランプ大統領にそんなWTOなんか関係ないなんていう
感じはあります・・・。

しかし、WTOを無視するような事態となれば、世界的には
マイナス成長になる恐れもあり、更にはリスク回避の展開になりそうです。


■また、メキシコや中国だけでなく、日本の自動車産業にも
警戒しています。
対日貿易赤字、特に日本車の対米輸出に関して苦言しており、
更に先月の対米貿易黒字が目立ち始めてきているので、
日本円に対して何らかのプレッシャーをかけてくる恐れはありそうです。

貿易不均衡是正のためのドル安政策を打ち出してくる可能性が
高いのでその意味では、大きな値崩れには警戒したいです。



■今週は、FOMCや雇用統計といったイベントもあります。

3月追加利上げに向けた土台作りができるのかが焦点に
なりそうです。
FOMCでは、前回のイエレン議長のタカ派的な発言を
きっかけにドル買いが散見されました。
しかし、トランプ政権の行方がわからない限り、先行して
利上げするのもやや無理があるのではないかとみています。


■最後にドル円のテクニカルについてです。

まず、ドルインデックスでは、先々週、移動平均50日線を割り込み、
更に先週、中期目線で重要な75日線を割り込みました。

そして今週はこの75日線(100.52)を引け値ベースで
大きく上回れるかに注目したいです。


ドル円は、50日線が週末現在で114.96円となっているのですが、
これを今週大きく上回れるのかが重要になりそうです。

今週のレンジは、117.00-111.50とワイドに設定したいと思います。



■お知らせ■

↓↓↓↓
人数限定:FXのスキル向上&好成績を狙う手法も提供 7時間集中セミナー開催




◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村



FXニュース | 2017-01-30(Mon) 11:19:28 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

米GDPが良好だと115円超えを試す展開も、日足「実体部」を超えた為、平均足は陽線転換も

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



■NYダウ2万ドル達成を引き継ぐ展開で、投資家心理が
好転しリスク選好から、ドル買いが先行しています。

また、米経済指標も予想を上回ったことや節目である114円を
突破したことから上値を追う展開となりました。


■本日は、ドル買いが再開したこともあり、今夜発表される
10-12月期GDPが注目されます。
予想値としては+2.2%と予想しているようですが、直近の
経済指標を考慮すれば、上回る可能性も否めません。

もし速報値が予想を上回るようであれば、インフレ率が
上昇することから115円を突破する可能性も出てきそうです。



〜株高の割には、ドル買いが伸びてこない要因は〜


メキシコ大統領がトランプ大統領との首脳会談を中止する
という異例の事態が勃発し、今後の貿易摩擦は避けられそうもありません。

更に、メキシコとの国境に壁を作る費用も関税でカバーする
という保護主義政策が目立ちます。

大統領選中に話していた非現実的な政策を着実に行って
いるところをみれば今後、対米貿易黒字の多い「中国」や
「日本」にもその波はいずれ来る可能性が高く、
現状ではその不安も残っている様に思えます・・・。



■中期的にみれば・・、

保護主義を強めれば今まで以上のコスト高に見舞われ、
結果として販売価格の高騰につながります。

だからと言って賃金はそれほど上昇しているわけでもありません。

トランプ大統領はしきりに、「雇用を創出する」と連呼していますが、
雇用を生むことと賃金上昇はイコールではありません。

それがゆえにいずれ米国民も結果としてエンゲル係数が上昇し、
景気回復の実感を得れない状況が生まれそうです。




■最後にドル円です。

テクニカル的には持ち合いの上値115円を引け値ベースで
抜けれるかどうかがドル買い再開のポイントになりそうです。

多少のノイズもあるのでブレイク狙いで考えるなら「115.50円」
あたりに逆指値の買いを入れたいです。

ドル円 平均足改良版



下値のブレイクは、「114.00円」に逆指値の売りを
入れて対応したいと思います。


■お知らせ■

↓↓↓↓
人数限定:FXのスキル向上&好成績を狙う手法も提供 7時間集中セミナー開催




◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村



FXニュース | 2017-01-27(Fri) 11:42:51 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

米株高、原油も高値キープの中でも上値を抑えられたドル円 その要因とは?

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



■昨日は、トランプ政権の保護主義政策が強まる懸念から
ドル売りが先行し一時、113円前半まで下げる展開となりました。

しかし、NYタイムに入ると、NYダウが史上初めて2万ドルを
突破したことをきっかけに、ドルが急反したものの、
その後は、貿易摩擦が激化する可能性から再び
売られる展開となりました。


■さて、NYの株式市場はついに大台達成となり、
ご祝儀ムードが強い中、新政権に対する不透明感も
否めない展開となっています。

それが、現在のドル円が象徴しているようにみえます。

株高についていけなくなったドル円の行く先がどこに
向かっているのか?

「不透明」というキーワードが台頭し始め、リスク選好に
傾きづらくなっていることは確かです。


■しかしながら、昨年の原油安・株安の負の連鎖からの
「リスク回避」とは全く逆の展開になっています。

原油価格は50ドルをキープし安定し始め、世界の
株式市場は活況に満ち溢れている状況です。

その意味では、現在のドル円相場の「持ち合い相場」は、
今の世界経済を表現しているようにみえます。


■今後警戒しなければいけないのは、貿易不均衡是正圧力が
日増しに強くなる可能性があることです。

既にメキシコとの国境に壁を作ることに署名し、
対中国に対しても為替操作国に認定し始めています。

となるとわが国の自動車産業も対米貿易に関しては
大幅な黒字からみると、必ずといっていいほど名指しで
圧力をかけてくる可能性が高いとみています。

そうなれば、ドル安円買いが急速に進行する
可能性もありそうです。



■そんな保護主義を強める中、ドルインデックスも
じりじり下落してきています。

今年はじめに直近高値103.81をつけてから、
右肩下がりの展開で、現在では大台割れの99.91となっています。

中期抵抗線としてみられてきた移動平均75日線(100.45)も
あっさりブレイクダウンし、昨日はこのラインが
上値抵抗となりました。


■ドル円も「目先持ち合い」となっています。

はやり112.50円です。これを終値ベースで
下抜けると次の抵抗はいよいよ移動平均75日線
(26日現在:111.74円)がみえてきます。

少なくてもIMM日本円のポジションが未だ
7万7,000枚もの円売りに傾いているだけに、
投売りもあるので注意したいです。


■現在はトランプノミクスを期待するものの、史上最悪の
不支持で船出となったトランプ政権は、この不支持を減らすために
米国民にとって有利な様々な交渉や署名を
してくると思われます。

その意味では当初のとおり今後は「トランプリスク」に
も目を向ける必要がありそうです。



■お知らせ■

↓↓↓↓
人数限定:FXのスキル向上&好成績を狙う手法も提供 7時間集中セミナー開催




◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村



FXニュース | 2017-01-26(Thu) 11:39:19 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

膠着感が強まる中での売買戦略とは? 「ダブルトップを崩す動き」には注意も必要

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



■昨日は、前日の円高けん制や保護主義政策の流れを
引き継ぎドルが重い展開でした。
しかし、112円半ばから押し目買いと見られる買いが
散見され、NYタイムが始まると株式市場が上昇を受け、
リスク選好が後退しています。

現状でも「トランプ節」が炸裂していますが、TPP離脱は
当初の予定通り行われ、ついでNAFTAに関しても
再交渉に入るようです。

特にメキシコサイドとしては、不利な条件を付きつけてくる
可能性が高く、むしろ逆にメキシコが離脱する可能性も
あるのではないかとみています。

米国第一主義は、米国にとってより有利で利益のある
交渉を続け、今までの不均衡を全て是正するものという、
世界各国にとって対米貿易は今後期待できなくなりそうです。



■ドル円相場ですが、就任式が終わりこれといった
大きなイベントがなく、相場も膠着をみせつつあります。

レンジとしては「115.00円~112.00円」ですが、上限、下限を
突破すると、その方向へ動きやすくなる展開を想定しています。

今週末から中国も旧正月で参加者不在が続くので
このあたりで取引が続くのではないかとみています。

■また、現状では118円60銭レベルのダブルトップ後、
昨日は112円ミドルで跳ね返したことで、
今後は「ダブルトップを崩す動き」には注意が必要です。



■トランプノミクスを期待するには、やはり一般教書演説や
予算教書でより具体的な政策が出てこないことには、
リスク選好に走りづらいというイメージはあるようです。

一方、保護主義政策を盾にドル売りも仕掛けづらい
ところもあります。というのも米国の金利事態が既に
高金利通貨になりだし、長期金利においても他国を
上抜いているので、ある一定のところでは
歯止めがかかりそうです。


■イベント待ちが相場に反映されそうなので、
持ち合いもしくは若干右肩下がりをイメーしています。

上昇要因としては

・株市場の2万ドル大台
・般教書演説・予算教書でのトランプノミクス具体策

下落要因としては、

・護主義政策の拡大
・国をはじめとした為替操作国を認定


■後に本日のドル円です。

一昨日のヒゲなしの大陰線、昨日のヒゲなし陽線と
きているので、正直難しいです。

一応、先ほどのレンジを想定して基本はカウンタートレードを軸に、
レンジブレイクも想定して逆指値もいれる戦略で臨みたいです。

レンジを想定(指値)
114.00円(売り)
114.30円(売り)

ブレイクを想定(逆指値)
115.20円(買い)
112.30円(売り)



■お知らせ■

↓↓↓↓
人数限定:FXのスキル向上&好成績を狙う手法も提供 7時間集中セミナー開催

↓↓↓↓
今夜のWEBセミナーではオリジナルインディケータがダウンロード出来ます!





◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村



未分類 | 2017-01-25(Wed) 11:44:45 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース