為替相場今週の展開は?週足、日足共に「戻り売り優勢」に転換

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



■今週はイベント的にはこれといった目玉はなく、トランプ大統領が
月内を目処にした「驚異的な減税改革案」待ちといった姿勢で、
動きにくくなりそうです。

但し、一度115円越を失敗したことでの、売りが目立ち、

現状上値が重くなっていることで、更なる新規の材料が

出てこないと、115円が遠くなりそうです。





■現状では、貿易不均衡に対する警戒感は否めなく、

今後中国を為替操作国とすると、その影響から円が

買われる可能性もあるため、111円をサポートできる

かが重要です。



また、トランプ大統領の単独会見でフリン大統領補佐官の辞任を

巡って、記者らとの激しい対立もあり、政治的にも不安要素が

隠せない展開となっていることもマイナス要因にみえます。





■今週は、為替以外の市場動向にも気を払う必要がありそうです。



主な市場では、「株高・ドル高・ゴールド高」のトリプル高の展開です。

通常、金利の生まないゴールドが買われるのであればドルは

売られますが、現在は株高も加えてトリプル高と不可解な

現象が出現しています。





■ゴールドの日足は、昨年の大統領選以降からダウントレンドに

なっていましたが、昨年末の1,120ドルの底入れから

100ドル以上、上昇しています。



半値戻り(1,120ドル)もクリアし、買いトレンドに転換しています。





■また、ドルインデックスの日足をみると一時、移動平均50日線に

トライするものの引け値ベースでは維持できず反落、

更に75日線が上値抵抗線になっています。



こちらに関しては上昇トレンドに対する時間的な調整とみています。



この双方が上昇し続けることは既にバブルが起きて

いるのではないかとみています。

奇想天外のトランポノミクスで暴走するハイブリッシュな

相場の裏側でそれを維持することが出来ず、

トランポノミクスを含めたトランプワールド崩壊を

イメージする投資家も少なくないとみています。





■その意味では、FRBの追加利上げだけで、相場を予想することは

危険とみています。各国がこのトランプバブルに振り

回されることになりそうです。



トランプバブルとその後の崩壊をイメージして今後はヘッジを

ベースにポートフォリオを組む必要がありそうです。


■現状の平均足(改良版)は・・・、
ドル円平均足0220


週足が陰線継続中で、戻り売りトレンド継続



日足トレンドは、週末から陰線に転換となり、中期、目先共に売り優勢となっています。
■お知らせ■
↓↓↓↓
公開中のブレイクアウト系の売買手法の成績です

↓↓↓↓
人数限定:FXのスキル向上&好成績を狙う手法も提供 7時間集中セミナー開催




◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村



FXニュース | 2017-02-20(Mon) 14:47:52 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

イエレン議長の議会証言のポイント&米の貿易不均衡是正策は?

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



■先週を振り返ると、やはり米国の主要3指数が
史上最高値を背景に、ドル下落に歯止めがかかりました。

ドルインデックスの週間ベースをみると6週連続陰線
からの陽線になったことで、やや落ち着き感が出た印象です。


そんなドル下落の歯止めがかかった今週末の日米首脳会談を
見ての印象としては、名指しで通貨安誘導はなかったので、
週明けのギャップダウンは避けられました。


■日本の報道だけをみれば両国のトップが親密な関係を
築けたと報道していますが、果たしてそんな捉え方で
良いのかやや疑問に感じています。

というのも、トランプ大統領は、ビジネスマンであるがゆえに、
今後は米国に有利な条件を貿易や安全保障の面で
突きつけてくる可能性があるということを
忘れてはいけないと考えています。


今週は、トランプ大統領も明言している「大型減税政策」が
期待されることから、株高ドル高をイメージしたいですが、
この減税策がどの程度の範囲なのか?当然、想定の
範囲を超えるようであればドル高、しかしそうでない場合は
ややドル売りの流れに傾きやすいとみています。

昨年までは、大型インフラ政策に期待していたが、やはり
最近の流れを見る限り、トランプ大統領に対する不人気ぶりからか、
国民の不満を消し去る作戦「インフラ政策→大型減税策」に
シフトしたのではないかとみています。



■イエレン議長の議会証言は?

年3回の利上げに対する修正はないのか?
また、来月3月利上げはあるのかに注目したいです。

これまでトランポノミクスと題して大型景気刺激策をイメージ
していたので、最低年3回は追加利上げの必要性はあったものの、
既にインフラ政策のイメージはやや後退気味になり、
大型減税策にシフトしたことをみれば、追加利上げの
時期を早める必要性はなくなったのではないかとみています。

(※3月の可能性がないということではありません・・)



■最後は、貿易不均衡是正のためのドル安政策です。

今首脳会談でふれなかったものの、やはりこの点には
トランプ大統領はこだわりを持っている為、再びドル売り
要因になりやすいということも頭に入れて置く必要があります。

また、来月15日で債務上限引き上げの期限に向けて、
「財政の崖」について不安要素が露呈する格好になりそうです。

その意味では米議会とのせめぎ合いがどこまで膨れ上がるかにも
注目したいです。

この問題次第では「トランポノミクス」にも陰りが出始めるので、
今まで期待先行となっていた景気刺激策に対する株高も
大幅な調整局面にもつながるのでこの点にも注目したいです。


■日足の平均改良版は、陽線転換となりましたが、大幅上昇と
いうよりは、高値は限定されることが考えられます。

日足ベースで75日線を一旦割り込み、再浮上したことで買い優勢に
なりやすく、未だに「投げ売り」が出ていないところをみれば
調整終了とは言いがたいです。


今週は移動平均75日線がキープできなければですが・・・、

先週安値(111.58円)を割り込み110円トライも可能性はありそうです。


■お知らせ■
↓↓↓↓
公開中のブレイクアウト系の売買手法の成績です

↓↓↓↓
人数限定:FXのスキル向上&好成績を狙う手法も提供 7時間集中セミナー開催




◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村



FXニュース | 2017-02-13(Mon) 12:14:46 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

戻り売り優勢の中、ゴールド、IMM日本円のポジションにも動きが 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



■先週末は、注目された雇用統計が発表され、
強弱まちまちとなりました。

非農業部門就業者数が予想を上回ったものの、
平均自給の伸びが鈍化したことを受けて、
インフレが加速していないことが明らかになりました。

これを受けて早期追加利上げは後退したことを受けて
112円ミドルを割り込む場面もありました。

さて、先週はトランプ大統領の中国・日本に対する
「トランプ節」、通貨安誘導政策をとってきたとしてけん制し、
更にナバロ委員長もユーロ通貨に対する
過小評価を口にしたことで市場に対する
インパクトも大きくなりつつあります。



■市場は、トランポノミクスに期待し、将来的な
財政赤字を見込んで長期金利の先高見通しが
先行してきたものの、ここに来て保護主義が
完全に加熱するラリーに冷や水を当てた格好になっています。

トランプ政権が口先介入でドル高にブレーキをかける一方、
政策としてはドル高を招くとなると、市場の不透明・
不確実性は日増しに強くなるのではないかとみています。


■その意味では、この「不透明・不確実性」をあらわす
バロメーターがゴールドです。昨年末の安値から
約100ドル近い上昇になっています。

この金利の生まないゴールドが上昇することは、
「不確実性の高まり」を意味しているのではないかとみています。

通常、米金利が上昇しているのでドルが買われやすい環境で
あることは否定するまでもなく、現状としてはやはり
「不確実性」が市場を支配しているとみています。

更に、ゴールドのETF残高も下げ止まりをみせつつあり、
先週だけで12トン強の残高が増えたこともドルの
上値を抑える要因になっています。


■また、シカゴIMM日本円のポジションにも動きが出始めています。

大口投機玉のネットが8,509枚縮小し、58,331枚となっています。

部分的にみれば円の買い玉が増えていることが目立ちます。
今週の動き次第では、円のショートポジションも一旦、
踏まさざるを得ない可能性もありそうです。未だに
円ショートが5万枚以上あるので押し目買いも慎重に
ならざるを得なくなりそうです・・


一方、日銀の長短金利操作付き量的・質的金融緩和に
関しては、ドルのボラティリティ上昇や米国からの
口先介入でコントロールしづらくなる可能性も否めないとみています。

現状は正当性を主張するものの、「不透明・不確実性」が
増す中ではやはり、円上昇圧力も強まり、日銀が国際買い入れの
増額に迫られる場合、最終的には国債不足といった
問題になる可能性も否めません。



■最後にドル円です。

チャートは、先月半ばから作っている持ち合いレンジも
序所に右肩下がりになりつつあります。

先週何度か112円割れにトライしているものの抜けきれず、
何とか112円台をキープしている感じです。
しかし、先日の下ヒゲ、そして週末の下寄りを見れば、
下方向に行きたがっているように見えます。

レンジ的には110.50円~115.00円とワイドに
設定しておきたいです。

今週もトランプ・ナバロ砲に警戒し、混乱続く米大統領令の
行方で市場のボラティリティは拡大するので
リスク管理は更に強める必要はありそうです。




■お知らせ■
↓↓↓↓
公開中のブレイクアウト系の売買手法の成績です

↓↓↓↓
人数限定:FXのスキル向上&好成績を狙う手法も提供 7時間集中セミナー開催




◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村



FXニュース | 2017-02-06(Mon) 11:29:03 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

重要な売買ポイントと今夜の米雇用統計は?

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



■昨日のロンドンタイムで、113円を割り込み、NYタイムでは
先週火曜日の安値(112.08レベル)を割り込みました。

上値が重くなっている中で、トランプ大統領の不透明感での
売りとの材料が多いですが、現状では長期金利の
動向で売り買いが交錯しています。

■TVニュースの多くは、「トランプ大統領への批判的な内容」を
伝えるものが増えていますが、米国民の半数は
「移民規制」には賛同を示している為、ドル売りの
材料はトランプ大統領への不信感だけではないと考えています。

そのため、過度な報道には振り回されない方が良い展開です。



■テクニカル面では・・・

1)週足のトレンドは「戻り売り継続」
週足ベースの平均足(改良版)では、高値を切り下げて
きている中で、依然として実体部の「下」で推移しています。

現時点での実体部の下限は、114円30銭レベルですので、
少なくてもこのポイントを上回ってこないと、
大きな流れは転換しません。


2)日足も下方を示していますが、「実体部の下限」は
113.00なので、ここを終値で上回ると、
「週足が下降トレンド」+「戻りを試す展開」となります。



■現時点での重要な水準は・・・


11/9の大統領選挙は、一時101円前半まで下げた
ドル円は、118円60銭を超えました。
この値幅は17円程です。


この高値、安値でフィボナッチリトレースメントの
38.2%が、おおよそ112円となります。
ドル円 フィボナッチリトレースメント


先週火曜日、そして昨日も112円割れを
回避したことも、はやりこの水準が重要だと
いうことが分かります。


■今夜の雇用統計(米)は、17.5万人が
事前予想の中央値です。

先日のADPが良かっただけに、市場は期待感で
みていると思います。
その分、予想値を大きく下回ると、重要な112円を割り込み、
来週は111円前半を想定する必要がありそうです。


現状は・・・、発表までは閑散とした商いになりそうですが、
4時間足が「上方向」を示しているため、雇用統計までの
地合いは悪くないので、大崩れもなさそうです。




■お知らせ■
↓↓↓↓
公開中のブレイクアウト系の売買手法の成績です

↓↓↓↓
人数限定:FXのスキル向上&好成績を狙う手法も提供 7時間集中セミナー開催




◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村



FXニュース | 2017-02-03(Fri) 17:01:57 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

市場は更に「トランプリスク」を懸念、日足(平均足)の実体部を下回って推移 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



■昨日は、トランプ大統領の保護主義強化に対する警戒感が
強まる中、欧米株式市場の下落が投資家心理を低下させ、
リスク回避の円買いが優勢の展開となりました。

また、難民やイスラム圏の入国一時禁止が各国に影響が
出始めていることで、米正解でも政情不安が台頭しています。


■これまでトランプ大統領が就任して10日余り、物凄い
スピードで意図も簡単に大統領令を発動してきました。

異例であることは間違いなく、そのスピードに各国が
対応できていないという現状もあります。

少なくても、「スピード実行=政権公約実行=期待」と
今まではなっていました。
それがゆえに相場もそれなりにリスク志向になっていました。
しかし、「入国禁止決定」には、待ったがかかり、デモや抗議の
動きが拡大していることで、リスク回避に傾きやすくなっています。


■昨年までは、「トランプ期待」ということで、リスク選好的な
相場展開でした。しかし、今年に入りトランプ大統領に影や
リスクといった負の面が、ようやく国や経済、
そして企業にまで注目されてきたという印象です。

日米金利差は多少あるものの、米国の実質金利からすれば
このドル高等を考慮すれば、それほど大きな金利差が
あるとも思えません・・。

今後FRBが目指す完全雇用と物価上昇にもトランプ大統領の
発言次第では水を差しかねない可能性もあります。

この相場はその経済指標を既に織り込まれており、これ以上
良くなるには、市場が期待している以上のものを出す必要があります。


■4年間というとても短いスパンで結果を残さなくてはいけないと
いう使命感が、更に市場を混乱させる可能性もあり、
その意味ではこれからが本当の意味での「トランプリスク」に
発展する可能性もあると、いう見方を持ちつつ相場を
みていく必要があります。



■最後にドル円です。

日足平均足改良版0131


一昨日のレンジ上限の上髭陽線、昨日の大陰線となっており、
後味が悪い展開となっています。
ドルが重い展開と世界的にリスク回避の円買いが重なっています。
それがゆえに、次のトランプ発言では直近安値112.50を
下抜く可能性もありそうです。


・ブレイクダウン狙いの112.50円の逆指値の売り

・戻り待ちの114.00円での売り




■お知らせ■

↓↓↓↓
人数限定:FXのスキル向上&好成績を狙う手法も提供 7時間集中セミナー開催




◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村



FXニュース | 2017-01-31(Tue) 11:32:45 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース