「往って来い」のドル円は、三角持ち合いを想定してポジションを取る必要性が 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス



いつもお世話になり有難うございます。
トレードタイムです。


いつもお世話になり有難うございます。
トレードタイムです。



■先週は往って来いの展開に・・・

先週のドル円は、今年4月以来の108円台に突入するも、
その後は買い戻し優勢で111円を挟んだ展開と、下値の
堅さも確認できた値動きとなりました。



■未だ、上値の重い展開も想定される展開も、その要因は?


1)イエレン議長の超強硬姿勢は、市場は消化不良を
起こす可能性も・・

先週のFOMC後のイエレン議長のコメントには、正直
驚きました。
これだけ最近の経済指標にブレが目立つも完全に無視するような
景気楽観シナリオを維持し、ドットチャートに
おいても、年内もう一回の追加利上げを示唆しました。



しかし、上がる気配を見せない労働賃金や足踏みが
目立つ消費市場には、警戒感もあるとみています。

経済見通しにおいても、コアPCEデフレーターの
見通しが下方修正されているのがかなり気がかりです。

つまり、インフレ率が2%以下の状況で名目GDP成長率が
4%以下の現状を考えれば、政策金利は少なくても
1.5%を超えることは無いとみています。

そのため、追加利上げにおいては、「あと1回が限界」の
見方で来年以降においては、バランスシート縮小の
スピードとのせめぎ合いになるのかとみています。




2)原油価格の下落は更にインフレ圧力を抑制

最近の原油価格1バレル50ドルを割り込み更に
下落基調を強めています。

OPECや非加盟国による協調減産期限を延長している
にも関わらず、米国やシリアの増産で原油需給に
緩みが目立ちます。

チャートでは、下落トレンド継続が見込まれる中で、
更なる投げ売り警戒があり、インフレを期待したい
米国にとっては、マイナス要因になりえます。

原油売りからリスクオフの展開で、株売りも
想定できる中では、積極的にドルの上値は
追いにくいとみています。



■ドル円は、三角持ち合いを想定してトレードを行うのが正攻法



4月以来の108円台を形成したドル円ですが、その後は
戻り優勢の展開となっています。

移動平均200日線や50日線、75日線が集まる110円から
111円ミドルまでが居心地が良いのではないかとみています。

むしろ、4月からの「三角持ち合い」に入っているので、
高値追いや安値追いには注意したいと思っています。

111円台では「売り」、反対に110円割れでは「買い」を
行うのは今の梅雨の時期には最適かとみています。




■お知らせ■
↓ ↓
「高勝率を目指す!」【はじめてのFXオプションセミナー】開催!

↓ ↓
明日ののWEBセミナー(YJFX!)では、新オリジナルインディケータを公開!!





■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス




◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村



FXニュース | 2017-06-19(Mon) 10:51:03 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

ファンダメンタルズ&テクニカルからみた今週の売買ポイントとは?

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス



いつもお世話になり有難うございます。
トレードタイムです。



■先週までのレビュー

英国総選挙においても保守党が予想外の過半数割れとなり、
EU離脱交渉に不透明感が出始め、景気を抑制させる材料から
金融正常化が遅れる可能性も出てきました。

そんな中、ドル円も一時、109円前半まで下落する場面は
あったものの、イベント通過したことから買い戻し優勢の
展開で、何とか110円をキープして終了しています。




■今週の売買ポイントは?(ファンダメンタルズ)

〜今週のFOMC(米連邦公開市場委員会)における
バランスシート縮小時期に注目〜

今週は何と言ってもFOMCに注目が集まります。追加利上げに
関しては言うまでも無く、追加利上げはほぼ確実、
1.0-1.25%となっています。

やはり注目は、バランスシートの行方が焦点となります。

バラツキが目立ち始めた米経済指標やロシアゲート疑惑が長引き、
トランプ政権による景気刺激策の遅れが懸念されているので、
微妙な状況を鑑みれば、イエレン議長のコメントも時間軸まで
言及できるかどうか?

もし、年内にバランスシート縮小をコメントするようであれば、
追加利上げは一旦小休止する可能性が高く、ドルの上値も
重くなるのではないかとみています。



〜新たな地政学リスクと原油価格急落がリスクオフを
助長する可能性も〜

サウジアラビアをはじめとしたペルシャ湾岸諸国による
カタールとの国交断絶といった衝撃的な地政学リスクが再び、
金融市場の負の連鎖を引き起こす可能性があるとみています。

昨年、OPEC主導の協調減産によって、1バレル50ドルの
大台に価格上昇した原油市場が、ここにきて大幅に急落しています。

更に、米国やナイジェリアで原油生産が拡大しているので、
供給過剰が解消できていないことも圧迫材料になっています。

これ以上原油価格が下落することになれば、OPECの足並みも
崩れる可能性も否定できず、更に地政学リスクが台頭することで、
リスクオフに傾きやすく、好調な米株式市場も原油売りや
リスクオフが絡むことで、昨年初めの「負のスパイラル」に
発展する可能性も頭の中にいれています。




■今週の売買ポイントは?(テクニカル分析)

〜ドル円チャートは、4月に空けたギャップは埋めても
安心できない展開も〜


ドル円チャートは4月後半に空けた109円台ギャップを今週、
しっかりと窓埋めしたものの、依然としてハッキリとした
トレンドは出来ていません。

また、日足ベースの平均足改良版は「陽線転換」となっていますが、
未だ実体部を上抜けが出来ていないことで、現状、
三角持ち合いの中にいるといったイメージです。

先週末、200日移動平均線(9日現在:110.40円)は一時
超えたものの、引値ベースではキープできていません。

もちろん移動平均50日線(9日現在:111.06)も下回った
状況です。

もちろん、三角持ち合いと見るならば、どこかの時点で
トレンドは作るはずで
現状としては、材料待ちで構えたいのですが、その
ブレイクポイントだけ下記に記載します。


・上値:6月2日高値 → 111.72円

・下値:6月7日安値 → 109.09円



■今週は、FOMC以外に日銀の金融政策決定会合も予定されて
いるので、テーパリング報道にも注目したいです。

いずれにしても、「不透明」や「リスク」が数多く
出始めたので、安易に押し目買いには注意が必要になっている
ことも視野に入れてトレードを心がけたいです。




■お知らせ■
↓ ↓
「高勝率を目指す!」【はじめてのFXオプションセミナー】開催!

↓ ↓
無料売買シグナルの最新成績を公開しました!





■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス




◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村



FXニュース | 2017-06-12(Mon) 11:06:41 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

ネガティブサプライズを受けての今後の方向性

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス


■「雇用統計の結果はやや衝撃的!」追加利上げのピッチに懸念も

先週末の雇用統計の結果、非農業部門雇用者数は、
予想を大幅に下回り、ADPとは対照的な結果となりましたが、
FRBが目指す月間平均10万人増はキープした格好となっているので、
それほど悲観するものではないと考えています。

しかし、ドルは思いの他売られました。

この要因の1つは、これだけ雇用情勢はFRBが描く
上昇トレンドを描いているにも関わらず、一向に
賃金上昇においては足踏み状態が顕著なものになっています。

結果的には前月比で0.2%増と予想通りに、前年度比をみれば
2.5%増とFRBが描く3.0%増には程遠い結果と
なっていることも考えられます。

つまり、足元のインフレが顕著に出ているなら、今後の
追加利上げは妥当性が伺える。このまま追加利上げを行うには
インフレ兆候が見られなければ、好調な米景気も
ブレーキが掛かりだすことは言うまでもないことです。

追加利上げ継続 → 米景気好調 → 
米株高 → リスクオン → ドル円上昇


■上記は、昨年の大統領選以降の市場の流れを示しています。


根底にあるのは、米国の追加利上げなのです。
その追加利上げが足踏み状態になるようであれば、

追加利上げ見送り → 米景気調整 → 米株調整 
→ リスクオフ → ドル円下落

といった逆転現象になります。



■今月のFOMCの利上げはほぼ確実であるもの、その後の
見通しは、やはりインフレ見通しがない追加利上げには、
必要性に疑問が出始めるのではないかとみています。
その意味では、今後の要人発言には注意が必要です。




■ドル円チャートは5月初旬の上昇期間が短期であった&月足も陰線転換に

ドル円をみる上で、やはりドルインデックスは見ておきたいです。
ドルインデックスは、年明けからダウントレンド継続、
しかもチャートでは綺麗な下降チャネルを描いています。

既に5月23日安値の96.70を割り込んだことによって、
昨年の大統領選のときの安値95.91を視野が入りだしました。


一方、ドル円も同様に年明けから綺麗にダウントレンドが
継続されています。
しかし、4月中旬から5月中旬にかけての上昇、高値では114を
つける場面もありました。
日足チャートで今年1月3日の高値と3月10日の高値を結んだ
ラインと平行にチャネルラインを引けば、5月の高値は
「ダマシ」であったことが良くわかります。

先週末の高値もそのチャネルが上値抵抗にも
なっているのがわかります。

しかも先週末のローソク足は上髭大陰線と後味が悪すぎます。


■今週は、200日移動平均線(2日現在:110.21円)や
大台である110円が下値抵抗となっていること、また、
月足ベースの平均足改良版もそれまで「陽線」だったものが、
「陰線」に転換しているため過度の安値拾いには注意が必要です。


平均足 チャート



いずれにしても、今後の米景気に関する指標やロシアゲート問題、
北朝鮮問題とリスクオフの材料が目白押しの今、
チャートを今一度見直すがある時期だと思っています。






■お知らせ■
↓ ↓
「高勝率を目指す!」【はじめてのFXオプションセミナー】開催!

↓ ↓
無料売買シグナルの最新成績を公開しました!





■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス




◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村



FXニュース | 2017-06-05(Mon) 11:04:46 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

ドル円は短い足から上値の重たさが目立ってきている&今後相場を動かす4つの要因

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス



■今週のポイント

■【政治リスクが本格化する6月相場】
これまでも政治リスクが選挙を含め各国でありました。
しかし、今回の政治リスクはトランプ大統領が
その引き金となっている「ロシアゲート」問題です。

既に話題の中心になっている今月30日以降、コミー
前米連邦捜査局(FBI)長官による公聴会での証言への
警戒感が日増しに高まっています。

更に、大統領の娘婿のクシュナー大統領上級顧問が
FBIの捜査対象に入っているのも気がかりです。

この結果次第では、トランプノミクス崩壊とこれまで
先行していた株式相場が総崩れになる可能性もあり、
更にリスク回避の展開が再び台頭する恐れもあります。

この悪い流れを引き継ぐように、最近の米景気指標も
ブレが生じ始めています。

特に今週30日のPCEデフレーターや2日の雇用統計には
注意が必要です。

もし、数値が悪化するようなことがあれば、
追加利上げが後退し、売り圧力が強まる恐れもあります。



■また、【来月8日に行われる英国議会選挙】が注目されている・・・

メイ首相は与党保守党の議席積み増しを狙って、
解散総選挙を決断したものの、最新の世論調査では、
与党保守党は野党労働党に対するポイントが縮小したことで、
EU離脱交渉の先行き不透明感が強まっていることも気がかりです。

この辺りからもリスクオフに走りやすい状況です。

・6月8日...英国議会選挙
・6月11日・18日...フランス総選挙


■【金融政策】にも注目です。

大注目はもちろんFOMCでの追加利上げやその後のコメントになります。

また、以下の各中銀のコメントには警戒したいです。

・6月8日...ECB理事会
・6月15日...BOE会合
・6月15-16日...日銀金融政策決定会合

特にECBドラギ総裁が金融緩和を堅持する一方、内部からは
QE縮小を推進する声も強まっているのも警戒したいです。


■【気になるドル円チャートは...】

先週のドル円チャートは、やはり112円15銭が抵抗と
して感じています。

日足上での今年のレジスタンスラインを突破したものの、
その後の買いが続いていません。

そんな中、ジリジリ下値抵抗が切り上がっているのが、
200日移動平均線です。

ちなみに、26日現在で110.04円となっています。
次の110円割れがあれば、一旦大きな調整も視野に
入れる事も必要です。

その決め手になりそうなのが、やはり「ドルインデックス」の
動きです。

日足をみれば、2017年以降、きれいな下降チャネルを描いています。

直近安値22日の96.70を割り込むようであれば、昨年の
大統領選挙時の安値95.91を試すことになりそうなので、
警戒はしたいです。



■最後に・・・

既に相場は6月の追加利上げはほぼ織り込み済みです。

それ故に、この先重要となるのは、政治リスクや選挙リスク、
そして地政学リスクの突発的なサプライズでブレイク相場が
再来することです。もちろんサプライズが起きることで、
きっかけになるものの、不透明なことが潜在的に
あるだけに相場はリスクオンになりづらい展開かとみています。



■お知らせ■
↓ ↓
無料売買シグナルの最新成績を公開しました!

↓ ↓
無料WEBセミナーのお知らせです。




■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス




◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村



FXニュース | 2017-05-29(Mon) 11:09:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

楽観視のみでは戦いにくい展開に&今週のポイントは?

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス


いつもお世話になり有難うございます。
トレードタイムです。

■先週は、トランプ大統領のロシア疑惑を巡る問題が浮上し、
弾劾裁判の可能性や税制改革案の審議停滞による警戒感から、
ドル売り優勢の一週間でした。


その流れの中で最も目立ったのがNYダウです。
昨年の米大統領選挙以降、大幅な調整なく上昇トレンドに
なっていた株式相場にも、ついに一晩で300ドル以上の
下落に見舞われ、リスク回避色が強まりました。

また、米経済指標にも変化が出始めています。
NY連銀製造業指数や住宅関連が軒並みマイナスに転じました。




■今週のカギとなる材料は?

■ロシアゲートや北朝鮮リスクでリスク回避への可能性は?

トランプ大統領におけるロシア疑惑問題の真相がいよいよ
表面化します。米上院情報委員会は、19日にFBIの前コミー長官が
公聴会での証言に応じたことで、捜査の方向性が決まり、
大統領の弾劾や罷免を視野に入れざるを得なくなり、
政治リスクが長期化する恐れも出てきました。



そのことで、下記の影響がでると予想されます。

1:経済政策
政治リスク台頭→税制改革審議停滞
→オバマケア代替法案が上院で難航

2:追加利上げ
FOMCにおける金融政策正常化 
→ 今年に掲げた想定通りの利上げが出来なく不透明に

特に、これまでFOMC予定通りに利上げを積み重ねて
きたことは、ある意味、経済が好調であることを示し、
株式市場においてもこの利上げトレンドが
変更するのであれば、大きな調整局面になる可能性も否めません。

つまり、株式市場がこれまでのトランプラリーの
牽引役であったことは確かです。
それ故に、大きな調整が入るのであれば、それに対する
リスク回避も視野に入れた動きも出るはずです。



【株式市場好調→リスク選好→ドル買い】
このポイントから【株式市場調整→リスク回避→ドル売り】に
移行する可能性も捨てきれません。


■その他材料で気にかけないといけない点は、
好調続けてきたNYダウもトレンド転換・・?
です。

NYダウの日足チャートを見ると、あの大統領選以降、
上昇トレンドを形成してきました。

しかし、そのトレンドに対してサポートラインを引いて
いただければ、一度ブレイクダウンしたのがわかります。

更に、そのサポートラインが今回の上値抵抗線になって
いることも良くわかります。
少なくても移動平均50日線を割り込み、次の下値抵抗となるのが、
100日移動平均線(19日現在:10510ドル)となっています。
このレベルを割り込めば、本格的な調整が始まりそうです。




■ドルインデックスは、米国の先読みをし始めた・・

一方、ドルインデックスを見ても、この先を先取りした動き
が出始めています。
こちらは週間足ベースでみていただくと、わかりやすいです。

2014年5月の安値からこちらもきれいに上昇トレンドがでています。
しかし、こちらもサポートラインを引くと、ついにこれまで
維持してきた上昇トレンドがブレイクダウンしているのがわかります。




■最後にドル円は、週足のトレンドは未だ上値を追う可能性を
残していますが、112円ミドルを超えきれないと下方向を
軽視してはいけなくなりました。

先週の陰線が重く、むしろ110円前半の安値を割り込めば、
4月につけたギャップを埋める可能性も視野に
入れておくことも肝心です。



■お知らせ■
↓ ↓
無料売買シグナルの最新成績を公開しました!

↓ ↓
無料WEBセミナーのお知らせです。




■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス




◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村



FXニュース | 2017-05-22(Mon) 11:25:51 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース