FC2ブログ

225先物 チャート更新&各社レポートまとめ

こんばんは。

225先物の平均足改良版です。

2251120.png

売り優勢の状況が続いています。

国内は、外資からの買いが細っている状態ですが、
外資を含む証券会社のレポートのまとめを
載せておきます。



【B証券】
インターネットセクターのレポートでは、ソーシャル
ゲーム市場の拡大が継続しそうと指摘。同証券では、
市場拡大は今後も継続しそうとの見方で、
ソーシャルゲーム市場の見通しを強気に転換、セク
タービューの「ポジティブ」を継続しています。


【MS証券】
損保セクターのレポートでは、銀行同様、資本基盤の
強化、質向上に向けたルール変更が予定されている
ものの、当面の希薄化リスクは小さいと指摘。


【C証券】
主要市場の基調として、低金利→ドル安ユーロ高→
株式&商品の反騰が、逆流し始めていると指摘。
株式は世界的に調整局面入りとの見方で、日経平均
が9400円を割り込むと、年内に8980円か8450円処
まで調整すると予想。ジャスダックなど小型株市場は
調整局面でも当面の底値に接近、金は年内に1190
ドルか1300ドルまで上昇、WTI原油は85ドルと分析
しています。


【D証券】
日本株のバリュエーションや収益性をアジアパシフィック
指数と比較すると、PBRでは割安もROEが相対的低位の
ため、収益力に見合ったPBR評価になっていると指摘。
個別では、新日石、新日鉱HD、双日、伊藤忠、丸紅、
SANKYO、ABCマート、USS、光通信、セブン&アイ、
武田薬品、アステラス製薬、エーザイ、参天製薬、イオン
クレジット、大東建託、日本プライム、日本オラクル、任天堂、
コナミがアジア・パシフィック内でも有望と紹介しています。


【N證券】
損保セクターのレポートでは、10年3月期上期
業績予想を公表している全社が業績予想を上方
修正するほど業績は上ぶれたと指摘。金融機関
の増資リスクが懸念され各社株価水準は「アンダー
パフォーム」しているものの、損保各社の資本政策に
自社株買いが組み込まれていることから、増資の
可能性は極めて低いと解説。


↓皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト





225先物改良チャート | 2009-11-21(Sat) 23:34:15 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース