FC2ブログ

平均足改良版は陰線継続&各社レポート

こんにちは。

225先物は、170円安となり安値圏で引けました。
米国での下げをそのまま受けての状況でしたが、
アジア株の下落も、後場の市場に影響を与えました。

平均足改良版も昨日で陰線に転換して、その流れを
継続しています(後ほどアップします)

業種別では25業種が下落しています。


FX市場では、欧州、資源国通貨の売りが目立っています。
その結果、クロス円にもその流れが波及してきて、
円が買われています。


平均足改良版4時間足も陰線のままです。


以下、各社のレポートのまとめになります。


【U証券】
小売セクターのレポートをリリース。
9月販売が前月比で改善した要因は、大型連休や好天候の影響で、
専門店ではドラッグストアの好調や衣料品専門店の改善が目立った
と指摘。推奨銘柄として、ヤマダ電機、ファーストリテイリング、
ローソンを紹介しています。


【T調査】
来週のウィークリーでは、改善傾向が続く見通しの
日本電気硝子と、会社計画の60億円に対し上ブレが予想できる
ハウス食品、天然ガス価格の底打ちなど改善の兆しが出ている
住友商事、一段の増額余地が残るトーメンデバイスをピックアップ。

【CS証券】
電池材料メーカーと部品メーカーは、売上高成長と
持続可能な
利益率を見込めるため最も有望な投資先との見解で、
電池材料・部品メーカーの中で長期的に選好する銘柄として
クレハ、日本電産、ローム、古河電工、三菱ケミカル、
宇部興産を紹介。


【G証券】
タイヤセクターのレポートでは、暖冬観測により
リスク含みなっていることや、天然ゴム&原油価格が騰勢を
強めているため業績期待値が短期的に切り下がっていると指摘。
それでも、1~2%の値上げが浸透した場合、天然ゴム価格
2.5ドルや原油価格90ドルでも、10年度同証券予想を達成する
ことは可能と試算。個別では住友ゴムを紹介中。


【CI証券】
海運市場は供給調整が難しく利益回復が遅れているとの認識も、
自動車船を中心に、向こう6ヶ月間でファンダメンタルズ回復が
確認ができる局面が来ると予想。個別では、会社計画
ダウンサイドが限定的で株主資本の減少の可能性も少ない
商船三井の買いを継続しています。


↓皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト





225先物ニュース | 2009-10-28(Wed) 17:40:47 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース