今週のドル円見通し:引き続きリスクオフが想定される展開か?

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス


■今週の戦い方と材料

基本的にリスクオンとは言い難く、むしろやや
リスクオフに傾きつつあるようにみえますが、
それぞれの料をみていきます。


1)リスクオン材料

・トランプ米大統領が大型の税制改革案を26日に発表。

→ 政権100日間に向けたトランプ政権公約イベントを
意識した大減税案という点では期待はあるものの、
これまでの医療改革代替案や入国制限失敗、むしろ
米航空便削減や観光業への影響が大きく、経済的評価が
悪い状況です。

それ故に、今回の減税案も現実的になるのか疑問視
されやすく、財政の大盤振る舞いでもしない限り、
無理なのではないかとみています。相場にとっては
インパクトが薄いとみています。


米連邦準備理事会(FRB)のフィッシャー副議長は21日、
CNBCとのインタビューで、年内の利上げはあと2回が
適切との考えを改めて示す。

→ 米利上げに関しては、相場は既にあと2回は
織り込み済み。むしろ3回といったサプライズがなければ、
相場の転換材料にならないとみています。


2)リスクオフ材料

・フランス大統領選の行方
→ EU離脱や反グローバル派のルペン候補の躍進に期待が
集まっています。事前の世論調査ではマクロン
前経済相がやや有利のようです。

昨年の歴史に残る選挙をみるとあまり世論調査が
当てにならないのは周知のとおりです。




■地政学リスクは来週もくすぶり続け、その中で
政治リスクが表面化し始める可能性をイメージしています。

仮に、ドル円相場が上昇したとしても、戻り売りのチャンスが
広がる可能性もありそうです。110円の重さを改めて
感じる1週間とみています。




今後とも宜しくお願い致します。



■お知らせ■
↓ ↓
次回は特別手法も公開【7時間集中!FXトレーダー養成セミナー】

↓ ↓
無料WEBセミナー開催 【コツコツと利益を積み重ねる売買方法について】


■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス




◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト


FXニュース | 2017-04-23(Sun) 16:13:22 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース