重要な売買ポイントと今夜の米雇用統計は?

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



■昨日のロンドンタイムで、113円を割り込み、NYタイムでは
先週火曜日の安値(112.08レベル)を割り込みました。

上値が重くなっている中で、トランプ大統領の不透明感での
売りとの材料が多いですが、現状では長期金利の
動向で売り買いが交錯しています。

■TVニュースの多くは、「トランプ大統領への批判的な内容」を
伝えるものが増えていますが、米国民の半数は
「移民規制」には賛同を示している為、ドル売りの
材料はトランプ大統領への不信感だけではないと考えています。

そのため、過度な報道には振り回されない方が良い展開です。



■テクニカル面では・・・

1)週足のトレンドは「戻り売り継続」
週足ベースの平均足(改良版)では、高値を切り下げて
きている中で、依然として実体部の「下」で推移しています。

現時点での実体部の下限は、114円30銭レベルですので、
少なくてもこのポイントを上回ってこないと、
大きな流れは転換しません。


2)日足も下方を示していますが、「実体部の下限」は
113.00なので、ここを終値で上回ると、
「週足が下降トレンド」+「戻りを試す展開」となります。



■現時点での重要な水準は・・・


11/9の大統領選挙は、一時101円前半まで下げた
ドル円は、118円60銭を超えました。
この値幅は17円程です。


この高値、安値でフィボナッチリトレースメントの
38.2%が、おおよそ112円となります。
ドル円 フィボナッチリトレースメント


先週火曜日、そして昨日も112円割れを
回避したことも、はやりこの水準が重要だと
いうことが分かります。


■今夜の雇用統計(米)は、17.5万人が
事前予想の中央値です。

先日のADPが良かっただけに、市場は期待感で
みていると思います。
その分、予想値を大きく下回ると、重要な112円を割り込み、
来週は111円前半を想定する必要がありそうです。


現状は・・・、発表までは閑散とした商いになりそうですが、
4時間足が「上方向」を示しているため、雇用統計までの
地合いは悪くないので、大崩れもなさそうです。




■お知らせ■
↓↓↓↓
公開中のブレイクアウト系の売買手法の成績です

↓↓↓↓
人数限定:FXのスキル向上&好成績を狙う手法も提供 7時間集中セミナー開催




◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト


FXニュース | 2017-02-03(Fri) 17:01:57 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース