市場は更に「トランプリスク」を懸念、日足(平均足)の実体部を下回って推移 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



■昨日は、トランプ大統領の保護主義強化に対する警戒感が
強まる中、欧米株式市場の下落が投資家心理を低下させ、
リスク回避の円買いが優勢の展開となりました。

また、難民やイスラム圏の入国一時禁止が各国に影響が
出始めていることで、米正解でも政情不安が台頭しています。


■これまでトランプ大統領が就任して10日余り、物凄い
スピードで意図も簡単に大統領令を発動してきました。

異例であることは間違いなく、そのスピードに各国が
対応できていないという現状もあります。

少なくても、「スピード実行=政権公約実行=期待」と
今まではなっていました。
それがゆえに相場もそれなりにリスク志向になっていました。
しかし、「入国禁止決定」には、待ったがかかり、デモや抗議の
動きが拡大していることで、リスク回避に傾きやすくなっています。


■昨年までは、「トランプ期待」ということで、リスク選好的な
相場展開でした。しかし、今年に入りトランプ大統領に影や
リスクといった負の面が、ようやく国や経済、
そして企業にまで注目されてきたという印象です。

日米金利差は多少あるものの、米国の実質金利からすれば
このドル高等を考慮すれば、それほど大きな金利差が
あるとも思えません・・。

今後FRBが目指す完全雇用と物価上昇にもトランプ大統領の
発言次第では水を差しかねない可能性もあります。

この相場はその経済指標を既に織り込まれており、これ以上
良くなるには、市場が期待している以上のものを出す必要があります。


■4年間というとても短いスパンで結果を残さなくてはいけないと
いう使命感が、更に市場を混乱させる可能性もあり、
その意味ではこれからが本当の意味での「トランプリスク」に
発展する可能性もあると、いう見方を持ちつつ相場を
みていく必要があります。



■最後にドル円です。

日足平均足改良版0131


一昨日のレンジ上限の上髭陽線、昨日の大陰線となっており、
後味が悪い展開となっています。
ドルが重い展開と世界的にリスク回避の円買いが重なっています。
それがゆえに、次のトランプ発言では直近安値112.50を
下抜く可能性もありそうです。


・ブレイクダウン狙いの112.50円の逆指値の売り

・戻り待ちの114.00円での売り




■お知らせ■

↓↓↓↓
人数限定:FXのスキル向上&好成績を狙う手法も提供 7時間集中セミナー開催




◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト


FXニュース | 2017-01-31(Tue) 11:32:45 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース