膠着感が強まる中での売買戦略とは? 「ダブルトップを崩す動き」には注意も必要

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



■昨日は、前日の円高けん制や保護主義政策の流れを
引き継ぎドルが重い展開でした。
しかし、112円半ばから押し目買いと見られる買いが
散見され、NYタイムが始まると株式市場が上昇を受け、
リスク選好が後退しています。

現状でも「トランプ節」が炸裂していますが、TPP離脱は
当初の予定通り行われ、ついでNAFTAに関しても
再交渉に入るようです。

特にメキシコサイドとしては、不利な条件を付きつけてくる
可能性が高く、むしろ逆にメキシコが離脱する可能性も
あるのではないかとみています。

米国第一主義は、米国にとってより有利で利益のある
交渉を続け、今までの不均衡を全て是正するものという、
世界各国にとって対米貿易は今後期待できなくなりそうです。



■ドル円相場ですが、就任式が終わりこれといった
大きなイベントがなく、相場も膠着をみせつつあります。

レンジとしては「115.00円~112.00円」ですが、上限、下限を
突破すると、その方向へ動きやすくなる展開を想定しています。

今週末から中国も旧正月で参加者不在が続くので
このあたりで取引が続くのではないかとみています。

■また、現状では118円60銭レベルのダブルトップ後、
昨日は112円ミドルで跳ね返したことで、
今後は「ダブルトップを崩す動き」には注意が必要です。



■トランプノミクスを期待するには、やはり一般教書演説や
予算教書でより具体的な政策が出てこないことには、
リスク選好に走りづらいというイメージはあるようです。

一方、保護主義政策を盾にドル売りも仕掛けづらい
ところもあります。というのも米国の金利事態が既に
高金利通貨になりだし、長期金利においても他国を
上抜いているので、ある一定のところでは
歯止めがかかりそうです。


■イベント待ちが相場に反映されそうなので、
持ち合いもしくは若干右肩下がりをイメーしています。

上昇要因としては

・株市場の2万ドル大台
・般教書演説・予算教書でのトランプノミクス具体策

下落要因としては、

・護主義政策の拡大
・国をはじめとした為替操作国を認定


■後に本日のドル円です。

一昨日のヒゲなしの大陰線、昨日のヒゲなし陽線と
きているので、正直難しいです。

一応、先ほどのレンジを想定して基本はカウンタートレードを軸に、
レンジブレイクも想定して逆指値もいれる戦略で臨みたいです。

レンジを想定(指値)
114.00円(売り)
114.30円(売り)

ブレイクを想定(逆指値)
115.20円(買い)
112.30円(売り)



■お知らせ■

↓↓↓↓
人数限定:FXのスキル向上&好成績を狙う手法も提供 7時間集中セミナー開催

↓↓↓↓
今夜のWEBセミナーではオリジナルインディケータがダウンロード出来ます!





◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト


未分類 | 2017-01-25(Wed) 11:44:45 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース