米大統領選の材料は折込みつつあり、市場は早くもその後の「議会運営」に注目

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




■昨日は、FBIがクリントン氏の私的メール問題で
訴追を行わない方針を報道したことで、
これまでのリスク回避を想定したポジション解消の動きで、
104円台ミドルまで押し上げられました。



■いよいよ大統領選当日となりました。

昨日はFBIが不起訴を決めたことで安心感につながり
買い優勢となりました。

大統領選前にこんな形でガス抜きが行われ、
あたかもクリントン氏が当確のようにリスク選好と
なっていますが、その後の一方通行でのトレンド形成相場に
発展するかは、別問題です。


■仮にクリントン氏が当確したとしても、同時に行われている
米議会選挙の行方も気になります。

より多くの上院・下院ともに票を獲得しなければ、
今後の議会運営に影響が出るだけに、簡単にリスク選好と
判断するのは早すぎるとみています。

また、トランプ氏のスキャンダル問題だけクローズアップされ、
肝心な政策運営に関する議論がなされなかったことも
考慮すれば、翌年以降の米国経済動向も
下り坂に向かう可能性があるとみています。


■この様なことからも大統領選結果を境に
短期と中期に分けて、ポジションを
再構築する必要があるとみています。


振り返れば、オバマ大統領が就任したときも、
世界中で「Yes We Can」といった言葉が流行りました。

この8年で株式と雇用はよくなったと言えます。

しかし、所得格差においては広がるばかり、
むしろ治安悪化がクローズアップされ、更に
銃規制を含め国民の安全が脅かされている始末です。

やはり、米国もしかり、世界中でこの一次産品価格や
農業のあり方を見直さなければならなくなっています。

つまり、国際商品相場の長期低迷が経済を
狂わせている元凶なのではないかとみています。




■最後に、本日のドル円です。

大統領選前なので、ポジションは
基本的にスクエアで考えています。

敢えて売買を行うとした場合は、1時間足を
使って小刻みに利幅を小さめにして回転を
効かせた売買で考えています。


ブレイクポイント(売り)
1時間足直近安値...104.24円

ブレイクポイント(買い)
直近高値...104.62円




■お知らせ■

↓↓↓↓
高勝率を狙う!FXオプションセミナー開催(名古屋)

↓↓↓↓
7時間集中!FXトレーダー養成セミナー(名古屋)

↓↓↓↓
【動画】オリジナルチャートインディケータがダウンローできます!




◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト


FX改良版チャート | 2016-11-08(Tue) 09:58:46 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース