コモディティ市場への資金が集まる中でドル押し目はどこまであるのか?

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




■昨日は、今月末に行われる日銀決定会合で
追加緩和に対する見送り報道や強弱まちまちな
経済指標が背景となり一時、103円台まで売られました。

しかしその後はベージュブックによる経済見通しから
幾分戻してNYクローズを迎えました。

本日は、米大統領選挙のテレビ討論会や
ECB定例理事会がメイン材料となります。

特に、ユーロが英離脱問題で燻る中、来年3月に
終了するQE(量的緩和)の行方が最大の焦点となります。

一部の報道ではテーパリングをドラギ総裁が
考えているとの見方もあるので注視したいです。


■一方、コモディティ市場の原油やゴールドにも
上昇機運が高まってきています。

原油においては1年3か月ぶりの高値水準になり、
ゴールドにおいては戻り優勢も展開となっています。


注目は、ゴールドのチャートです。

昨日の高値はちょうど200日移動平均線(1271ドル)で
抵抗となっています。

本日もこの平均線を引値ベースで上回れるかに
注目したいです。

もし、この抵抗を超えるようであれば、目先、最大の抵抗と
される1300ドルまでも視野に入りそうです。

その意味でもECB理事会での行方が最重要であるとみています。


■また、ドル円の中期トレンドは上昇に転じていますが、
目先は「押し」が入ってもおかしくない展開です。

昨日の下落で9月27日安値(100.07円)と10月13日高値
(104.62円)に対するフィボナッチでみると、
23.6%の押しは入り、その次の38.2%(20日現在:102.87円)の
押目ポイントを探ることも考慮した方が良いでしょう。


下記は、フィボナッチでの押目ポイントとなります。

日足ベース

・38.2%…102.87円
・50.0%…102.33円
・61.8%…101.80円




■お知らせ■

↓↓↓↓
高勝率を狙う!FXオプションセミナー開催(名古屋)

↓↓↓↓
7時間集中!FXトレーダー養成セミナー(名古屋)

↓↓↓↓
【動画】オリジナルチャートインディケータがダウンローできます!

↓↓↓↓


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト


FXニュース | 2016-10-20(Thu) 11:28:55 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース