ユーロドルは重要ポイントに差し掛かっています

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




■昨日は、注目された第二回テレビ討論会で
クリントン氏が優勢と伝えられたことから、
年内の利上げ観測からドル高となりました。

また、原油価格が1年3ヶ月ぶりの高値を記録したことで
リスク選好からドル円も買われやすい環境となっています。


原油価格上昇の背景としては、プーチン大統領が
石油市場の安定を維持することを目的として
OPECの減産の同調する報道が流れたのが
要因として大きいようです。

しかし、今の流れを否定する考えを言えば、
各国の具体的な減産量が決まらないうちは比較的、
先物市場は噂で買われやすく、また事実が出ることで
大幅に売られることには警戒は必要であるとみています。

減産でテコ入れをしているうちは、世界的に長い目線で
見れば成長率鈍化を意味するものであり、
やはり需要喚起が絶対的に必要であることは確かです。



■本日は、原油価格や株価を横目にしながら104円の
攻防に入ると思います。

そんな中でのポイントをお伝えしたいと思います。

■ユーロドルの動きです。

日足ベースは、短期的には売られやすい環境です。
これは、ポンドドルの動きからもありますが、
先週のポンドショックで再び売り優勢の展開と
なっていることも影響が出ているようです。

ユーロドルの週間足は、昨年11月の1.05ドルからの
切り上げ、そして今年5月の高値1.16ドルの
11セントのレンジの中で約1年持ち合っています。

よく見れば三角持ち合いにも見えます。
そのサポートラインが1.1080ドルに位置している
のでこのラインを割り込むかに注目したいです。


■次に、金のETF残高の積み増しです。

最近の金市場は、年内利上げ観測からドル買い優勢となり、
1300ドルの大台割れとなっています。

しかし、ETF市場では、先週末に11トン強積み増されて
いるのです。完全にバーゲンハンティングでの買いが
入っています。

この積み増しが多いのはやはり、現在の市場が
完全に不透明から払拭できていないとみているからだと思います。

今後のETF市場の動きにも目を向けていただきたいと思います。



■その点を考慮して、ドル円は9月2日高値104.30円を
ターゲットに抜けるようであれば、200日移動平均線
(11日現在105.09円)を見ておきたいところです。




■お知らせ■

↓↓↓↓
高勝率を狙う!FXオプションセミナー開催(名古屋)

↓↓↓↓
7時間集中!FXトレーダー養成セミナー(名古屋)

↓↓↓↓
【動画】オリジナルチャートインディケータがダウンローできます!

↓↓↓↓


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


FXニュース | 2016-10-11(Tue) 11:23:23 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース