6月から継続した三角持ち合いは上抜け

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




■昨日は、米製造業景況指数が改善したことで
年内の利上げ観測が再燃したことやドイツ銀行問題が一旦、
落ち着いていることを受け、9月21日以来の
高値102円台後半を付けました。

また、テクニカル面でも日足ベースで6月から継続した
三角持ち合いを上抜けたことも後押しをしたとみています。


■但し、昨日の取引を振り返ると、これと言って目新しい材料が
あったわけでもなく、むしろ何と無く上昇してきたように感じます。

しかも今年のパターンとされる移動平均75日線もあっさりと
クリアしてきたのには少々、驚きです。


■雇用統計やFRB高官によるタカ派発言でブレイクできなかった相場が、
材料なしでここまで上昇するのは疑問ではありますが、
「底入れ」と思うってしまうくらいの印象です。

材料は後からついてくるのも相場の面白いところです・・・。


■話は変わり、昨日のニュースでECBによる量的緩和縮小の
報道がされています。

2017年3月の期限前に段階的に購入規模を減らすテーパリングの
必要性について検討しているようです。

定例理事会後の記者会見でドラギ総裁は否定していますが、
ここに来て、日銀及びECBの動きが出始めているような
気がします。

少なくても「量」から「金利」への意識が高まりつつあるような気がします。

ただ、テーパリングするほど経済見通しは良好なのかというと、
答えは「NO」という意見が多いはずです。

特にドイツ銀行問題や英離脱問題、ギリシャ年金デモと様々な
問題を抱え、不安要素が多いのでこの時期のテーパリングと
いうのは疑問が残るところです。

いずれにしても今後このような量的緩和報道には
注目してみておきたいところです。



■本日は、昨日の大陽線と移動平均75日線突破で
売り込みづらいのが本音のところです。

だからと言って陽線6本続き7本連続となれば、
今年5月後半以来のことです。

陰線が1本もないところを見れば不安要素が多く、
むしろ高値掴みが少々、気がかりです。

また、雇用統計前もあるのでフライング的要素を考慮すれば、
もう一度「戻り売り」を仕掛けてみたいです。

以下は、戻り待ちのポイントです。

・週足ベースボリンジャーバンドセンター…103.28円

・日足ベースボリンジャーバンド+2σ…103.35円


ちなみに、週足ベースのボリンジャーバンドセンターを上抜けたのは、
1月24日の週です。その後はご存じのとおり、ダウントレンドです・・。

いずれにしてもリスク管理をしっかりと行いトレードをしていただきたいと思います。




■お知らせ■

↓↓↓↓
高勝率を狙う!FXオプションセミナー開催(名古屋)

↓↓↓↓
7時間集中!FXトレーダー養成セミナー(名古屋)

↓↓↓↓
【動画】オリジナルチャートインディケータがダウンローできます!

↓↓↓↓


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


FXニュース | 2016-10-05(Wed) 11:21:33 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース