■101円40〜50銭レベルは売りポジションが多い

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




■昨日は、欧米株高や原油価格上昇を背景に
リスク回避が抑制され、100円台後半まで押し上げました。

特にOPECの非公式会合で産油量を制限することで
合意したことで、市場のムードは一変したようにみえました。


■本日は、8年ぶりのOPECの減産合意やドイツ銀行の
一部の事業を売却報道から不安心理が和らぐことで、
目先はリスク回避が抑制されやすい一日になるとみています。


昨晩もこの場で、OPECの減産合意には懐疑的な見方を
私個人もしていましたので、これはサプライズです・・・。


■しかし、本当に減産合意が出来るのか‥?と不安定要素もあります。

というのも合意破りの増産が起こる可能性もあるからです。

減産合意は決まったものの、どの国がどれだけの量を減産するかは
まだ決定していません。

また、ここに来て国際市場に参加したイランが減産する意味が
あるのか‥、サウジアラビアに対して敵対心があるだけに
どこまで忠実に減産を行うかは不明瞭だと思っています。


■一方、原油のテクニカルでは三角持ち合いを抜け、
50ドル回復も視野に入れる必要がありそうです。

たった一晩で5%の価格上昇なので利食いは出ても
おかしくないところですが、押し目買いが入る
環境に変化しそうです。


原油価格の上昇は市場にとってはプラス材料となりやすいが、
急激な価格上昇が起きることでマイナス材料にもなりえます。

というのは、米国民の台所事情を直撃するからです。

その意味では消費に対してブレーキがかかりやすく、
最悪は、“消費マインド低下→インフレ抑制→利上げ見送り”
となることも同時に考えておきたいところです。



■まや、米利上げに関しては・・・、

少なくても昨年の利上げ当初は、年4回の利上げ予定から、
2回に変更、そして現在では1回も‥?
といった感じになっています。

これだけFRBの複数の高官が利上げに前向きなだけに、
何とか年1回は死守したい狙いもあるようにみえます。

むしろ、市場にはショックを与えないように年1回を
イメージづけるための時間稼ぎにもみえます。


■最後に、本日のトレードポイントをお伝えします。

基本は目先の上昇に対する戻りを狙うイメージです。

以下は戻りポイントです。

・水平線…101.40円
・ボリンジャーバンドセンター(日足ベース)…101.78円




■お知らせ■

↓↓↓↓
高勝率を狙う!FXオプションセミナー開催(名古屋)

↓↓↓↓
7時間集中!FXトレーダー養成セミナー(名古屋)

↓↓↓↓
【動画】オリジナルチャートインディケータがダウンローできます!

↓↓↓↓


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


FXニュース | 2016-09-29(Thu) 11:43:11 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース