本日は狭いレンジでの攻防か?

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




■注目されていた米小売売上高が予想よりも
低調だったことを受け、ドル売りが先行しました。

しかし、その後の製造業景況指数が市場予想を大幅に
上回ったことから、
一転してドルを買い戻す動きが強まりましが、
強弱まちまちの材料で一喜一憂する展開となっています。


■本日は、今週のメインポイントとなる
消費者物価指数(CPI)が発表されます。

来週に控えるFOMCを前に参考となる最後の
指標となります。

この結果次第では多少のノイズもあると思うので
注意はしておきたいところです。



〜トランプ氏の経済・財政政策はドル高抑制?〜

■昨日は米大統領候補であるトランプ氏の講演があり、
今後10年で2500万人の雇用を創出し、年率4%の
経済成長の実現を目指す見解を示しました。


特に大型減税を中心に成長押し上げ効果を狙うことを始め、
金利においても低位金利政策を重視する見方を
示しており、その点もドル高抑制となっているようです。

市場参加者もトランプ氏の経済・財政政策の概要が
明らかになったことで、期待感がより一層高まったとの
声も出ているようです。

その意味では、以前から鼻息荒く「過度なドル高は是正する」と
いった金融市場の不確実性は高まっているように見えます。



■上記を考慮すれば、FRBにとって「12月の追加利上げ」は
しにくいといったイメージも否めません‥。

となると追加利上げのチャンスは「今回しかない‥」と
いった消去法的なイメージを持ってしまいます。


しかし、市場では一向にそのムードは感じられません。

むしろ今年の追加利上げは「スルー」といったイメージで
取引しているようにみえます。

この100円近いレベルで個人投資家が買い支えているだけのようにみえます。


そんな中、原油価格もジリジリ安くなっていることが
気がかりです。

日足チャートを見れば今月に入り50ドルへの戻り優勢
だったものの、要人発言による利上げ発言で戻り解消と
なってしまっているのです。

今月安値の43.16ドルを下回るようであれば、
40ドル割れも視野に入りそうです。

その意味では「原油売り→株売り→リスク回避」の流れに
再度、入る可能性もあるので注意したいです。



■本日のトレードとしては、102円を挟んだ上下50銭レベルで
取引されるとみています。ということで
利食いポイントを小さくして回転の利かせた売買を心掛けたいです。


■お知らせ■

↓↓↓↓
MT4オリジナルチャートインディケータのご提供について

↓↓↓↓
投資戦略フェアでは株式に絞ったセミナーを開催!!


↓↓↓↓
負けにくいオプション取引売買手法 リアルトレードの成績です!



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


FXニュース | 2016-09-16(Fri) 16:44:16 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース