戻り売り有利もFOMCを前に下値も限定的

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




■昨日は、特に注目する経済指標がない中、
ブレイナード米連邦準備制度理事会(FRB)理事は講演で、
ハト派とみられる発言を手掛かりに大きく動きました・・・。


この影響で米国における早期利上げ観測は後退し、
ドル売りが優勢となっています。

ここ最近はFRB高官による発言で一喜一憂する場面が
多いですが、
昨今の経済情勢を見れば、タカ派が勧めるインフレ予防的な
利上げを行う場面ではなく、むしろ昨日のブレイナード理事の
発言が正攻法ではないかとみています。


■つまり、早期利上げではなく、以前からイエレン議長が
勧める超スロースタンスの利上げを行うことが、

今の不透明な世界情勢及び金融情勢の混乱が
避けられるとみています。

その意味では、9月利上げに対する可能性は限りなくゼロに近く、
むしろ12月に行えれば出来過ぎるほどの米国経済という
評価でみています。


一方、昨日の動きの中で20%以上急落している銘柄があります。

それは、「VIX指数(恐怖指数)」です。

9・11追悼式典にて次期大統領候補のクリントン氏の
途中退席における健康問題を背景に
大統領選が混乱するのではとの思惑から恐怖指数が
買い先行でスタートしました。

しかし、数時間後には報道陣に姿をみせたことで、
一旦混乱は幕引きしたので急落するといった状況です。


■以前にもクリントン氏に対する健康状態は問題視され
今月26日のテレビ討論でもこの健康問題をトランプ氏が
徹底的に攻撃していました。

もし、クリントン氏の健康状態で懸念が高まった場合、
混乱からリスク回避に走る可能性もあるので注意はしておきたいです。

そうなれば、年内の米国追加利上げも見送りとなり、
今年初めの「負の連鎖=株安・原油安・円買い」を
想定しなければならなくなります。



■本日は、昨日のNY株価の大幅反発にも関わらず、
ドル円は重い展開なのでやはり「基本スタンス売り」を
イメージしています。


しかし、FOMC前なので、大幅な下落はイメージしていないので
目標を決めておきたいと思います。以下は、目標価格です。


目標価格

・第一目標…水平線(8月22日高値 100.90円)
・第二目標…日足ベースボリンジャーバンド-1σ(100.47円)


■お知らせ■

↓↓↓↓
なぜ高勝率なのか?お陰さまで締切りとなりましが・・「FXオプションセミナー」


↓↓↓↓
負けにくいオプション取引売買手法 リアルトレードの成績です!



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


FXニュース | 2016-09-13(Tue) 11:39:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース