本日の売買ポイントは?

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



■先週末は、注目された雇用統計が予想以下に
なったことを受けて、一時102円台後半まで
売られました。


しかし15.1万人増の数値はフィッシャーFRB副議長の
追加利上げの目安とする範囲内であったこともあり、
再びドルがジリジリと買い戻され104円台まで
上昇する場面もありました。



■雇用統計の内容を振り返ると、非農業部門雇用者数に
関しては、それほど悲観するものではなく、
むしろ雇用面に関しては安定を取り戻している
印象を受けました。

しかし、追加利上げの条件は雇用面だけで判断するものではなく、
足元のインフレ事情も重要なポイントです。

特に、平均時給(前年度比)が+2.4%と追加利上げした場合の
消費の鈍さが懸念される数値です。

というのもリーマンショック前は、+3.0%水準であったのに対し、
今年の最大値は2.7%と一向に上向かない現状です。


■総合的に見れば9月のFOMCで思い切った行動に出る
可能性は無い、つまり「見送り」となる公算もありそうです。


■では、先週末の104円までの戻りは一体、何だったのか‥?

先週の流れを振り返れば、議長講演をはじめFRB高官発言を
理由に9月追加利上げ期待から上昇しました。

しかし、中期的な流れを変えるほどの力強い上昇だったか
というとそうではない‥むしろ、買い戻しのイメージにみえます。

というのも、シカゴの日本円の投機筋のポジションが
8月30日現在で前週と比較して三千枚強売り玉を
増やしているのです。

しかし、日増しにジリジリ価格を上げることと、雇用統計前、
そしてレイバーデーや海外勢のサマーバケーション明けも
あるので、一旦ポジションをフラットにしたのではないかとみています。

そして、テクニカルで見れば今年のアノマリー的な見方が
できるポイント、移動平均75日線に先週末現在で、
一旦タッチしていることです。タッチした後は、いずれも価格は
下落しているのです。

(日足チャートの2月・5月・7月をご参照ください)


■その状態で、米市場はレイバーデーで休会、海外勢は夏休み明け
初日と市場としては商いが閑散となりやすいことで
スクイズ的な値動きに発展する可能性も否めないとみています。


また、本日は黒田日銀総裁による講演が予定されているので、
追加緩和やマイナス金利への深堀期待もあって、
それなりに注目されています。

しかし、期待する内容でない場合は失望売りの
可能性もあるので注意は必要です。



本日は、基本ベースとして「売り」からを想定しています。


以下は、戻りポイントとブレイクを想定した売りです。

戻りポイント(指値)
・4時間足ボリンジャーバンド+2σ(104.05円)
・先週末高値...104.32円


ブレイクポイント(逆指値)
・先週末安値...102.81円

■お知らせ■

↓↓↓↓
なぜ高勝率なのか?お陰さまで締切りとなりましが・・「FXオプションセミナー」


↓↓↓↓
負けにくいオプション取引売買手法 リアルトレードの成績です!



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


FXニュース | 2016-09-05(Mon) 12:28:38 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース