■目先の市場状況には振り回されてはいけない?

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



■昨日は、利上げ観測の高まりを背景に一時、
104円台を詰める場面がありました。

その後は、米製造業景況指数が予想以下の
結果を受けたことや本日に控える雇用統計を前にした
ポジション調整が進みました。

本日の雇用統計前までは、積極的な取引が
手控えられるとみています。




■今夜の雇用統計に対するポイントを整理して
おきたいと思います。


非農業部門雇用者数に関しては、過去2ヶ月25万人以上の
数値が出ています。

6月発表のショックを完全に
カバーしている格好です。

本日の事前予想では、18万人とやや弱めな数値は
出ているものの、15万人を超えての予想を考えれば、
決して悲観するものではないとみています。




■ポイントとしては、20万人を超える結果となれば、
今まで以上に利上げに対する期待感が高まりドル買いが
進むとみています。

反対に、予想通りもしくは以下で発表された場合は、
9月利上げ期待は、一気に萎むとみているので、
その場合は失望売りが入るが下値は限定された動きとみています。



■次に、前年比での平均時給です。リーマンショック前の
水準(+3.0%)に前月は達していないのが現状です。

ちなみに今年の最大値は、+2.7%となっています。

今夜のポイントとしては、この2.7%と同じかそれ以上
でなければ、利上げを判断する材料にはならないとみています。




■以上2点をベースにトレード戦略を考えています。

本日のテクニカルポイントとしては、少しワイドな
設定で考えたいと思います。


上値ポイント

・移動平均線75日線…104.18円
・水平線…105.50円
・7月21日高値…107.48円


下値ポイント

・水平線1…102.67円
・水平線2…100.94円



■また、仮に雇用統計の結果が良いものとなり、
9月利上げへの気運が高まったしても一旦才良出尽くしで
売りがでることや、

市場の次のテーマが次回利上げに関しての思惑が
でてくるために、ドル高が継続するとは限りません。


はやり、大きな流れを確認しながら、日々の細かい分析が必要です。


↓↓↓↓
【直前解説動画】 どうなる!?米雇用統計


■お知らせ■

↓↓↓↓
なぜ高勝率なのか?お陰さまで締切りとなりましが・・「FXオプションセミナー」


↓↓↓↓
負けにくいオプション取引売買手法 リアルトレードの成績です!



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


FXニュース | 2016-09-02(Fri) 10:48:52 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース