目先のドル円は買われ過ぎ感が台頭

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



■昨日は、追加利上げに対する期待継続から、
ドル買いが優勢で推移、押目のない一日で、
103円ミドルまで押し上げる場面もありました。


また、雇用統計の前哨戦ともいえる民間雇用統計の
発表が予想値を上回ったことで、
明日の雇用統計にも更に期待感が高まっています。



■しかし、原油価格が週間在庫統計の発表をきっかけに
大幅安となり、投資家心理を圧迫したことで
リスク選好も抑制されました。

最近の追加利上げ観測からドル建てベースの原油が
売られやすい地合いに、予想外の在庫増加が
重なったことで相場が売られやすくなっています。


今週の動きを見れば、既に追加利上げを先読みした動きに
なっています。

仮に9月の利上げをおこなったとすると「次回の利上げはいつ…?」と

なるのは必然であり、その見通しや確固たるデーターも
不足しています。


12月も利上げを行えば、その影響はコモディティに
直撃するのは必至で、むしろ市場心理を覚ます
消火器のようにも見えます。




■今年の相場は「原油安=株安」のリスク回避
からスタートしました。


その中で「不透明」をキーワードにとにかくリスク回避姿勢が
日増しに強くなり、日本円とゴールドを買う展開が続きました。

やはり、原点に返り原油価格の不安定さが産油国ないし
資源国経済を直撃する利上げは果たして正常な
利上げと言えるのでしょうか‥


もし、9月・12月の利上げを行えば原油価格は再び
30ドル台に突入する可能性もあるのかもしれません・・・。


その意味では、欧米株式市場も売り優勢となり、
大幅な下落を招く恐れすら想定してしまいます。

今の市場環境を考えれば、年1回の利上げつまり、
12月に行うことがベストの選択と個人的には考えていましたが、

今年は残り3回FOMCで消極的なに考えると、9月で
一度行われる可能性も考慮すべき状況です。

ただ、そのままドルが買われ続けられるイメージも
未だないので、日々の値動きも確認する必要があります。




■本日は、原油価格や株価を横目にしながら
押目を探す一日になると思います。


先週末安値と昨日高値に対するフィボナッチでみていきます。



・23.6%…102.70円

・38.2%…102.20円

・50.0%…101.78円


↓↓↓↓
【直前解説動画】 どうなる!?米雇用統計


■お知らせ■

↓↓↓↓
なぜ高勝率なのか?お陰さまで締切りとなりましが・・「FXオプションセミナー」


↓↓↓↓
負けにくいオプション取引売買手法 リアルトレードの成績です!



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


FXニュース | 2016-09-01(Thu) 11:31:31 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース