■米国の期待はソフトランディングでのドル安誘導

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



■先週末は、100円割れ目前まで迫る水準になりましたが、
米追加利上げに対する要人発言で戻り優勢となり大台割れ
回避となりました。

しかし、依然としてFRBによる追加利上げ時期は不透明と
なっているのでリスクを取りづらくなっているように見えます。

やはり、材料不足と今週末のジャクソンホールでのイエレン議長
講演に注目する動きが強まっているようにみえます。



■最近のドル円を見ると、過度なリスク回避を伴う円買いと
いうイメージより、米国の予想以上のスローな追加利上げに
対するドル売りが強いイメージを感じます。

労働市場に関しては落ち着きを取り戻したように思えますが、
利上げ再開のカギとなるインフレ率に関しては一向に
上向いていません。

特に、小売売上高や消費者物価指数に関しては、依然として弱いく、
仮に利上げ再開した場合、市場の冷え込みは確実に起きると
みています。

それなのにFOMCのメンバーが強気な早期利上げ発言を行う
意味が矛盾しているように思えます。
先週の議事録でも積極的な姿勢は全く見られず、むしろハト派に
思える内容でもありました。その状況を考慮すれば、9月利上げ
実施のハードルは高いように思えます。


■材料不足を背景に市場では、利上げ再開に対する期待と失望を
繰り返し、やがては失望がショックに変わることで、ドル安に
傾くことを米国が期待しているようにさえみえます。

つまり、ソフトランディングでのドル安誘導にもみえます。


そう考えれば、大勢としてドル安トレンドの渦中にいるとみるのが、
正攻法であると考えます。100円という大台は、市場参加者が割安と
考えるものであり、米国は中長期的に2桁相場を定着させたいと
考えているように思えます。


■本日は、材料不足とジャクソンホール講演を前に動きが
緩慢になりやすいとみていますが、4時間足を見る限りは、
三角持ち合いになっています。持ち合い離れで多少のブレが
起きるのでブレイクするポイントをとらえ、利食い幅を狭めた
回転のある売買を心掛けたいと考えています。


ブレイクポイント

・直近2日間の高値…100.50円

・大台…100.00円



■お知らせ■

↓↓↓↓
■高勝率継続中!FXオプションセミナー開催です!

↓↓↓↓
明日のWEBセミナーは無料インディケータがダウンロードできます!

↓↓↓↓
負けにくいオプション取引売買手法 リアルトレードの成績です!



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


FXニュース | 2016-08-22(Mon) 11:28:32 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース