■中期戻り売り基調は変わらず

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



■先週末は、低調な米経済指標の結果を受けて、景気回復の強さに
対する不安が浮上したことで、ドル売り優勢の展開となりました。

最近の相場展開をみれば、新規材料不足に加え、夏枯れ独特の
持ち合い相場に入っています。米雇用統計が2か月連続で好調を
キープしたにもかかわらず、市場の反応は至って冷静にみえます。

やはり、主要先進国の緩和政策の中では、次の一手が打ちづらいと
いったイメージがあり、資源国のRBAやRBNZの政策金利で緩和的な
政策姿勢を強調していることを見れば、世界的な緩和政策の渦の中では、
米国の政策スタンスもかなり緩やかな引き上げにせざるを
得ないといったようにもみえます。


■逆に年内に米国が利上げを行ったとしても、その次の一手はいつに
なるのか‥全く見通せない環境にいるのは米国なのではないかとみています。

それは、グローバル経済の中では、やはり一国だけが金融正常化
スタンスに戻すことはできないからです。

その意味では、ドル円だけを見ればソフトランディング狙いの緩やかな
ドル安誘導にもみえます。


■一方、原油相場が上昇し、株高が強調される中で、ドル円はついて
これない何かがいるのではないかと思っています。

それは、「先行き不透明」という靄(もや)がかかった世界経済ではリスク選好
にはならず、むしろ悪い材料にだけ反応するリスク回避が正攻法なのです。


■本日は、先週同様に材料不足が続く中ではあるものの、戻りを売る
スタンスで考えています。以下は、戻り売りのポイントとなります。


先週末の高安に対するフィボナッチ


38.2%…101.39円
50.0%…101.56円
61.8%…101.73円


持ち合い相場をイメージしているので利食いを早めて回転の効かせた
トレードを想定しています。




■お知らせ■

↓↓↓↓
次回「7時間集中!FXトレーダー養成セミナー」はスキャルについても解説!


↓↓↓↓
負けにくいオプション取引売買手法 リアルトレードの成績です!



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


FXニュース | 2016-08-15(Mon) 11:49:34 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース