ドル安のファンダメンタルズ要因は?

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



■昨日は、良好な雇用統計の結果や原油価格反発を背景に
リスク回避が抑制され、102円台をキープして終了しました。

本日は、特に注目する経済指標も無く、株価や原油価格の
動向を横目にレンジの狭い展開になると予想しています。



■週末を挟みここ2日間の動きをみる限り、リスク選好に
傾いたようにみえますが果たしていつまで続くのか‥と
疑念を抱いています。

というのも、先週末の雇用統計だけで年内の追加利上げの
トーンが上がったとは考えにくく、むしろ安定的な雇用増加が
確認できることが条件です。


データ的には5月の大きな落ち込みからわずか2回でしかなく、
今後も安定的な数値が求められるところです。

また、賃金上昇が確認できるデータも不足しておており、
安定的な個人消費が望めるものでないとみています。

また、米4-6月GDPが弱いことも気掛かりな要因です。
先行き不透明な世界経済と原油価格不安が重なり合うことで、
米経済情勢も決して楽観できるものでもなく、利上げを急ぐ
理由などどこにもないのです。


むしろ、英中銀が大胆な量的緩和と継続性を打ち出し、
主要州銀に追加緩和を呼びかけているようにもみえるくらいです。
その渦中では、米追加利上げが流れに逆らう動きであり、
仮に利上げを行うことでの副作用を想定すれば、ここは
据え置きの時間稼ぎしか選択肢がないとみるのが
妥当だとみています。



■テクニカルでは、一旦戻り局面ではあるものの、中期は
依然としてダウントレンドの渦中にいることを
お伝えしておきたいです。


本日も戻りをしっかりと探す一日になりそうです。


以下は、フィボナッチでのポイントと水平線でのポイントです。


7月21日高値-8月2日安値に対するフィボナッチ


・38.2%…103.25円
・50.0%…104.05円

・先週高値…102.82円



■お知らせ■

↓↓↓↓
次回「7時間集中!FXトレーダー養成セミナー」はスキャルについても解説!


↓↓↓↓
負けにくいオプション取引売買手法 リアルトレードの成績です!



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


FXニュース | 2016-08-09(Tue) 11:36:19 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース