依然として不安要素は残る展開

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



■先週末は、注目された雇用統計の結果、予想を上回り
年内利上げ観測が高まったことで、リスク選好の展開となり、
円が売られやすい地合いとなりました。

マーケットの印象としては、雇用統計の結果、予想を上回っ
たにも関わらず、それほどマーケット全体がリスク選好に
動いているイメージがやや薄いように感じます。

むしろ年内の追加利上げに対するハードルがまだ高いとのでは
ないかとみています。その理由は以下の3点です。

1)平均時給前月比ベースでは+0.3%と予想は上回ったものの、
足元のインフレを確認できる数値ではないこと

2)先月末の米GDPが不安定であること、時価の発表で
改善が見られることが最低条件。

3)不安定な世界経済に配慮した金融政策を考えると、最低でも
時間稼ぎの意味合いでも年末までの据え置きは必要。
特に英中銀が量的緩和をスタートさせたことで主要中銀は
緩和姿勢。その状況下で米国の金融正常化は難しく、
資金流出を考えれば安易な利上げは行いにくい。



■今回の雇用統計で100円割れは回避できたものの、今月2日の
下落分を帳消しにできるほどの力強さが見えないのはやはり、
不安要素を残した印象をチャートからも受け取れます。

今週は、国内においてはお盆休暇で株式市場は閑散になりやすく、
レンジを決めた持ち合い時期に入りやすいとみています。

しかし、週末の米小売売上高や消費者信頼感指数があるので、
お盆休暇ではあるがボラティリティーが高まる可能性も否めないとみています。


■本日は、良好な結果の雇用統計や米株高を背景に日本の株式市場が
堅調な動きから、戻り優勢とみています。
しかし、テクニカルでは依然として売り優勢とみているので、
戻り場所を探す一日になるとみています。

以下は戻りポイントです。

・ボリンジャーバンド-1σ(102.29円)
・8月2日高値(102.83円)
・6月16・21日(103.57円)



■お知らせ■

↓↓↓↓
次回「7時間集中!FXトレーダー養成セミナー」はスキャルについても解説!


↓↓↓↓
負けにくいオプション取引売買手法 リアルトレードの成績です!



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


FXニュース | 2016-08-05(Fri) 12:05:35 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース