ドル円:戻り売りスタンス継続

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



■先週末は、注目された日銀会合の結果、ETFの買い入れ額を倍増させる追加緩和に
なったものの、市場が期待した緩和策出なかったことで失望売りが出ました。

また、米GDP速報値は、2%を割り込む結果となり、さらにドル売りに
拍車がかかり一時、102円を割り込む場面もありました。


■黒田総裁の会見をみても、これといった材料になるインパクトはなく
終了しました。
むしろ、記者質問を回答するのに困る場面が多々見受けられました・・・。

日銀の緩和策に対する限界説をはじめ、物価上昇2%未達成やマイナス金利、
更に責任問題まで波及するなど、これまでのアベノミクスを支えた日銀運営に
疑問が残った印象を受けています。

これまでの日本経済は、円安頼みの産業構造をとなっていましたが、
この先は、打つ手がなくなった日銀政策ぬきの、政策運営に迫られ、
やがてはアベノミクス限界論も時間の問題になりつつあります。


それは、景気や物価を見るうえで、「財政」と「金融」の二つの歯車が
噛み合わなければ、いずれ景気は失速することは過去を見ればわかります。
20年以上も慢性デフレに染まった膨れ上がった巨大な民間資金を今回の
単発的な28兆円の財政出動で揺り動かすことなど到底できないと
みています。


外需頼みの産業構造から脱却し、内需拡大できる将来設計を構築しなければ、
この先20年以上のデフレは確約され、負の遺産だけが若者に重く
のしかかります。
そして国家財政も破たん寸前まで追い込まれ、大増税国家になる可能性も
否めないとみています。


■その意味でも「歴史ある伝統や文化」「世界に誇る技術革新」「日本人の
真面目な気質」における日本の魅力を見直し、地方創生を中心とした本当の
意味での一億総活躍社会を作るべきだと思っています。


■本日は、イベント後で材料が不足する中、株価や原油の動向を横目に
戻りポイントを探す一日になるとみています。

しかし、チャートを見れば大陰線を引いただけに、戻りがあったとしても
売り優勢は変わらないとみています。

また、ここでもお再三お伝えしていますが、移動平均線75日線を一度タッチ
すると、大きく下落するパターンにすでになっているだけに100円突破も
時間の問題だとみています。



■以下は戻りポイントです。

1時間足をベースに水平線を使ったポイント

・103.47円
・102.72円


■お知らせ■

↓↓↓↓
次回「7時間集中!FXトレーダー養成セミナー」はスキャルについても解説!


↓↓↓↓
負けにくいオプション取引売買手法 リアルトレードの成績です!



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


FXニュース | 2016-08-01(Mon) 11:33:52 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース