金買い要因もリスク回避の動きに・・・

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



■昨日は、独立記念日でNY市場が休場だったため、市場参加者が
少ないことから動きも緩慢となり、102円ミドルで終了しました。

■本日は、RBAの金融政策発表や中国PMIと主要国以外の動きが
主体となり、その影響で株式や原油が変動し、その動き次第では
ドル円にも影響が出るとみています。


■英離脱問題による急落から全体的に戻り優勢となっているものの、
市場ムードは、リスク選好に傾けられず、どんよりとした曇り空の雰囲気
の中で取引が行われているようにみえます。

やはり、明日のFOMC議事録や週末の雇用統計に関心が集まっている
ことから、米利上げ休止の思惑は強く残り、いつも以上に様子見
ムードが強い中で円買いがジワジワと進行しています。



■様子見ムードがどちらに傾くのか? 既に金の価格上昇がその答え
を出していると思っています。
英離脱問題で1オンス1,365ドルをつけ、現在は1,350ドル前後で
推移し、その高値に接近中となっています。

つまり、金利の生まない金が買われることは、リスク回避の動きであり、
円が買われやすい背景になっていると思います。
また、金ETF残高は昨日も3.86トン積み増し、2013年7月以来の
高水準になっていることは、今後の高値を予測しているとみています。


また、テクニカル面でもドル円の日足をみれば、英離脱ショックの半値
までしか戻りきれず、その後は、ボリンジャーバンド-1σをなぞるように
高値が切り下げられています。

その点を考慮するすると、いつブレイクダウンしてもおかしくないと
考えています。以下は逆指値でブレイクアウトポイントを示しています。


・6月27日安値…101.39円
・6月28日安値…101.55円


■お知らせ■
↓↓↓↓
負けないトレード、積み上げトレードをするには ⇒ はじめてのFXオプションセミナー

↓↓↓↓
負けにくいオプション取引売買手法 リアルトレードの成績です!



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


FXニュース | 2016-07-05(Tue) 11:11:59 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース