ドル円は戻り局面では売り優勢で推移

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



■昨日は、半期に一度の米議会証言があり、内容自体は想定の
範囲内との見方で、低成長・低金利環境に対して長期間続く可能性を
示唆したことも利上げ観測が大幅に後退しています。

また、労働市場の鈍化がインフレ目標達成を遅らせる可能性もある
ことから、ドル買い抑制材料になっています。


■明日に控える英国民投票に関して、最新の世論調査ではEU残留派が
リードしていることからリスク回避はやや抑制されています。
しかし、結果が出るまではポジションを傾けられない動きも散見され、
ドル円においては104円台で推移しています。


■一方、コモディティ市場の金でも昨日は売られたものの、ETF残高に
おいて10営業日連続増加しています。
この増加は今後の世界経済や景気の不透明さを映し出している証拠
だとみています。

この金利の生まない金が買われている以上、リスク回避をトレードの
軸からは外すことはできないと考えています。


■現在の相場材料は英国民投票、そして米国利上げ時期となって
いますが、仮に残留が確定したとしても、雇用や投資の弱さが
目立つことからポンド売りのトレンドは変わらないとみています。

その点からも「中期的には」リスク回避は潜在的にあることから
当面は売り優勢の相場が続くとみています。


■本日も戻り売りを基本ベースに考えています。
昨日は一時的に105円台に突入したもののその後はキープできず、
やはり重さが目立ちます。

テクニカル的には、先週木曜日の下げ幅に対する61.8%戻りに
トライしています。

以下が戻りのポイントになります。

・昨日高値…105.05円

・ボリンジャーバンド-1σ(日足)…104.90円






■お知らせ■
↓↓↓↓
横浜で7時間集中!FXトレーダー養成セミナーを開催します

↓↓↓↓
負けにくいオプション取引売買手法 リアルトレードの成績です!



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


FXニュース | 2016-06-22(Wed) 12:04:58 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース