「米利上げ遅延=ドル売り」という図式

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



■昨日は、注目する材料もなく原油や株式市場を眺めながらの展開と
なりました。
原油価格は年初来高値を更新し、1バレル50ドルの水準を引値
ベースで上回り、リスク選好の円売りが優勢となっていましたが、
6日のイエレンFRB議長のスピーチで利上げ時期について言及
しなかったことが相場の重しとなっています。

本日も特に注目する材料がない中、原油や株式の動きを横目に
しながらの展開になりそうです・・・。



■昨日の値動きで気がかりなことが一つあります。それは、原油価格が
50ドルを上回ったにも関わらず、欧米株式市場やドル円の動きが
さえないことです。

振り返れば、今年の暴落相場の根源はこの「原油価格」が投げ売られた
ことで、産油国を始め、資源国や新興国への負の連鎖から相場的には
リスク回避に走りました。

しかし、「原油価格回復=リスク選好」にはなっていない・・、
それは世界経済や景気の不透明さなのかそれとも…

市場参加者は、FRBの金融政策に疑問が出始めているのではないかと
みています。
昨年末、利上げした段階で、今年の利上げ年4回のペースを予定していた
ものが、既にそのシナリオは崩れ、年2回ないし1回といった
シナリオに変更しました。
しかし、ここにきて今年の利上げは無いといった説も否めなくなって
いるのです。

5月のイエレン議長のスピーチはあくまで、条件が整えば緩やかな
利上げトレンドを描くことを言及しましたが、今回のスピーチは、
その文言すらないということは、いかに先週末の雇用統計に失望
した事がうかがえます。
いくら単月ベースとはいえ、ここまで悪い数字が出る
ことは想定外で、議長が描く利上げシナリオも、現段階では不透明
かつ仕切り直しになったのではないかとみています。


■為替市場では「米利上げ遅延=ドル売り」という図式になると
みています。

ドル売りトレンド再開を基本ベースに、本日は、直近安値
(6日106.35円)ないし、先月安値(2日105.54円)にトライする
可能性もあるとみています。




■お知らせ■
↓↓↓↓
横浜で7時間集中!FXトレーダー養成セミナーを開催します

↓↓↓↓
負けにくいオプション取引売買手法 リアルトレードの成績です!



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


FXニュース | 2016-06-08(Wed) 12:00:53 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース