雇用統計は平均受給や不完全雇用率のデータの改善がないと、利上げ対象にはならず?

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



■注目されていたADP雇用統計は予想通りの結果になり、前月比
では改善しているものの、相場が切り返す材料には至らず、結局
108円ミドルで終了しました。

■本日は、月に一回の大イベント且つ追加利上げを左右する大事な
全米雇用統計です。

東京やロンドンタイムまでは、株価を横目にしながらの展開を予想
していますが、時間の経過と共に様子見ムードが強くなると
みています。


■雇用統計のポイントに関しては、非農業部門雇用者数は勿論のこと、
平均受給や不完全雇用率のデータが良い結果でなければ、
追加利上げの材料にはならないとみています。

仮に非農業部門雇用者数が良かったとしてもそれだけでは、
材料不足と採られ6月見送り観測から、失望売りになる可能性も
否めません。


■テクニカルでは、今週に入って300P強の下落、5月の高安に
対する半値押しの見方もできますが、110円割れの水準でドルの
安値拾いが出来ていないことをみればあまり楽観視できないと
みています。


■更に気になる点は、金価格の動きと金ETF残高です。

最近の金の値動きは1200ドルの値固めに入っているチャート
パターンで、高値からは約100ドル下落しているものの、
金ETFはしっかりと残高が増えているのです。

金に対する人気の根強さはやはり不透明な世界経済に対する警鐘と
みているので、その意味ではリスク選好には少々疑問が
残るところです。


■本日は、基本は戻り売りで考えています。
日足ベースでボリンジャーセンターバンド(109.55円)や
+1σ(110.28円)をイメージしています。

また、下値でも、逆指値で昨日安値108.50円水準での
売りを待ち構えたいと考えています。


■お知らせ■
↓↓↓↓
横浜で7時間集中!FXトレーダー養成セミナーを開催します

↓↓↓↓
負けにくいオプション取引売買手法 リアルトレードの成績です!



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


FXニュース | 2016-06-03(Fri) 11:52:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース