■利上げペースの鈍化、原油安、ユーロ高がドル売りを誘う展開に

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



■先週の米雇用統計では、雇用者数や平均時給に関しては、
事前予想を上回り、一時的にドル買い優勢の場面はあったものの、
追加利上げをサポートする内容には程遠いことから、再度ドル売り
の展開となっています。


■先日のFRBメンバーからタカ派的な発言と対照的な
イエレン議長のハト派な発言は、大きなブレはないものの、
その他のメンバーが議長とまったく違う意見を言うことによって、
金融市場の困惑から、ボラティリティーだけが拡大して
しまいます。

これが、議長のいう安定に繋がるかは疑問が残るところです…。


■裏を返せば、タカ派の意見を市場に対してメッセージすることで
「期待感で買い、イエレン議長発言で下駄外し」と、相場で言えば
常套手段にもみえてしまいます…。

これが、米国流ドル安誘導にも見えし、米国の強さ、ドルの強さにも
感じます。


■今週は、やはりイエレン議長発言に引っ張られる形でドルの
重さを感じる週になるとみています。

特に先週末の日経平均株価が売られ、円買いにも拍車がかかる
可能性も否めなく、また原油価格も再度、40ドル達成で自立反発が
終了している可能性も否めません。

ドルの安値では、本俸のドルの実需買いに支えられているものの、
株安・原油安・リスク回避のパターンも潜在的にあるだけに、
総合的に判断すると緩やかなドル売りトレンドとみています。

また、ユーロドルの動きも週間足ベースで1.14ドルを引値で
上回ったことで、また75期間の移動平均線を完全に上回って
おり、ユーロ買い優勢と見ているので、その点からみても
ドルが売られやすいとみています。


■オプション市場では、先週から一転して、プットの
ボラティリティが増大し、プレミアムも大きくなって
います。

このことも、今後ドルの下落を示唆しているものと
思っています。




■ドル円のテクニカルとしては、

y0404

上値ポイントとしてボリンジャーバンド-1σ(112.08円)、
センターバンド(112.78円)とみています。

下値ポイントとして、ボリンジャーバンド-2σ(111.39円)、
-3σ(110.70円)とみています。

一目均衡表の遅行線からも売りトレンドを示唆していると
みています。



■お知らせ■

↓↓↓↓
■プレミアム収入でコツコツ稼ぐ!:FXオプションセミナー開催

↓↓↓↓
■「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス

↓↓↓↓
■ 無料!FX基礎セミナー開催(無料でも有益情報を提供中)


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


FXニュース | 2016-04-04(Mon) 11:30:54 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース