中期はソフトランディング的な「ドル=100円台前半」の可能性も

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



■ベルギーでの爆破テロで、リスク回避の円買いが先行
しました。

その後は、米国の3月リッチモンド連銀製造業指数が
予想を大きく上回り、2010年以来の高水準に達したことや
シカゴ連銀総裁の講演発言で米経済に対する強さが
確認できたことに対するドル買いが優勢になり、
リスク回避の円買いで下げ分を打ち消しています。


■昨年のパリでの爆破テロ後、半年もたたない間に、
こういった惨事が起きることでユーロ圏に対する
地政学リスクの高まり、そして英国のEU離脱と
いったことからも「不安定増大=不確実性の高まり」が
金融市場を萎縮させているようにみえます。


この影響は、一時的でも円買いが入り、円高リスクを意識し
始めることになります。

つまり、「円高=株安」といったアベノミクスが描いた
方程式とは全く逆の展開で、アベクロバブルの終焉
ともいえる円高がこのあとに待っているようにみえます。


■最近の相場は、連銀総裁発言により米利上げ期待感で下支え
材料になっていますが、逆に言えば、その容人発言がなければ、
一方通行の「円買いドル売り」でリスク回避色が強まり、
世界経済も負の連鎖反応を起こす可能性もあります。


■中期的には・・・、

米国の理想論的に言えば、世界経済の安定を背景に
米国の景気拡大、そして緩やかな追加利上げで、
米国は初の世界的なミニバブルを起こす、その裏側では
ソフトランディング的な「ドル=100円台前半」が相場の
落ち着く可能性もあります。



■本日は、爆破テロでリスク回避を消化していますが、
極度なリスク回避は抑制され、戻り優勢とみています。

しかし、相変わらず、ドルの上値は重さを感じながら
112.50円前後で推移するとみています。




■テクニカル的には、日足ベースで上値ポイントとして、
一目均衡表転換線(112.40円)、基準線(112.76円)、
ボリンジャーバンドセンター(113.01円)とみています。

ya0323.jpg

下値ポイントとしては、112.00円から50銭刻みでの下値を
イメージしています。



■お知らせ■

↓↓↓↓
■FXプオプションも解説!【7時間集中!FXトレーダー養成セミナー】開催!

↓↓
セミナー動画の公開&今後のセミナー開催予定 !




◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


FXニュース | 2016-03-23(Wed) 11:16:31 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース