ユーロドルの75週移動平均線を引値ベースで超えられるかも重要

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




■アジアタイムは、昨夜から続くドル売りの影響で
株式市場も軟調な展開でスタート、その後はドル円の
下落に伴って下げ幅を拡大しました。

ロンドンタイムに入っても、ドルの重さだけが目立って
いますが、このレベルでNYタイムに入る状況を考えると
一旦、昨日の安値もトライする可能性も否めません。



■今夜のスタンスは戻りを引きつけてからの売り。


戻りの目安としては、4時間足ベースでボリンジャーバンド
-1σ(111.56円)や一目均衡表の転換線(111.82円)と
みています。

■今夜の注目する指標に関しては、
ミシガン大学消費者信頼感指数(予想値92.2 前回90.7)に
なるわけですが、昨夜もフィラデルフィア連銀景況指数が
好調な数値にも関わらず、ドル売り優勢であることから、
参考程度のレベルです。

すでに米国データに関しては好転し始めていることを
相場はすでに織り込み済みといったところです。



■今夜に関しては、ユーロドルの75週移動平均線
(1.1285ドル)を引値ベースで超えられるかどうかに
焦点を置いています。

2014年7月以来の上回る形になるので、テクニカル面
からもユーロ買いドル売りが入りやすくなりそうです。

その状況次第で、ドル円も一度、111円割れをトライ
する可能性もあるのではないかとみています。



■週明けは三連休、米国に関してはグットフライデーで
休場と商いが薄く、値が飛ぶことも可能性としてありそう
なので、いつも以上に注意が必要です。

さらに、日本の年度末、3月決算からのレパトリエーションも
ありますので「円買い圧力」がかかりやすいことも
お忘れなく…。

来週もよろしくお願い致します。



■お知らせ■

↓↓↓↓
■FXプオプションも解説!【7時間集中!FXトレーダー養成セミナー】開催!

↓↓
セミナー動画の公開&今後のセミナー開催予定 !




◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


FXニュース | 2016-03-18(Fri) 19:48:51 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース