■FOMCでは追加利上げを示唆するコメントを残す可能性

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



みなさま、こんばんは。

■注目されていた日銀の金融政策決定会合では
追加緩和見送りや黒田総裁からのコメントも決め手に
なる材料も得れなかったこと、原油価格下落の影響、
そして2月の米小売売上高がさえない結果になった
ことで売り優勢の展開で終日取引されました。


■本日は、FOMCの結果待ちになるわけですが、
ほぼ利上げは見送り濃厚で、その後のイエレンFRB議長の
記者会見でのコメントに「追加利上げに関する手掛かり」が
示されるのではないかとの観測で、ドルの下値は
限定されているようです。

■また、昨日は原油価格が大幅に下落したにもかかわらず、
株価は堅調な動きを示し、年初からのパターン売りも崩れ
つつあり、新たなパターンに移行するものとみています。

つまり、世界経済失速からの負の連鎖での「パターン売り相場
から金融政策相場」に以降しつつあるとみています。


■株式市場の動向を見れば、相場は割と落ち着きつつ、むしろ
持ち合い離れ終了で上昇期待が先行し始め、日銀も追加緩和
どころか静観せざるを得なくなったといった方が正解で
あるとみています。

これは、米国においても同様で、失業率をはじめとした
雇用環境が整いつつあり、過度なインフレ鈍化も無くなり
つつあり、時間で大分色々な負の状況を消化してきたのが
現在の相場であるとみています。



■本日は、下値が限定される取引になるとみています。

理由としては、今回のFOMCで6月の追加利上げを示唆する
コメントをイエレン議長が残す可能性あるのと、ユーロドルの
チャートが日足上で200日移動平均線を越えてきていることで、
ドルにおけるプラスマイナスの材料は帳消しになるとみています。

ドル円にしてみればもう少しレンジ取引が可能性も
あるとみています。



■テクニカルとしては・・・、

y0316

日足ベースで上値ポイントとしてボリンジャーバンド+1σ
(113.75円)、+2σ(114.31円)とみています。

下値ポイントとしてはボリンジャーバンド-1σ(112.65円)、
-2σ(112.09円)とみています。

昨日もお伝えしていますが、一目均衡表の遅行線が
現在は実体部下に位置していますが、まもなくこのレベル
を推移すると実体部と遅行線が被る状況になるので、
安易な売りでのエントリーには注意が必要です。



■お知らせ■

↓↓↓↓
■FXプオプションも解説!【7時間集中!FXトレーダー養成セミナー】開催!

↓↓
セミナー動画の公開&今後のセミナー開催予定 !




◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


FXニュース | 2016-03-16(Wed) 11:13:21 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース