■日欧が金融緩和、米国が金融引き締めとなると・・・

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



みなさま、こんにちは。


■注目されていた米雇用統計は、手がかりとなる材料には
ならず、方向感が定まらない取引となっています。

雇用者数に関しては、24.2万人増と予想値(19.0万人増)を
大きく上回ったもののやはり、平均賃金が-0.1%という
微妙な数値がドルの上値を重くしています。


■米景気の先行き見通しも雇用情勢はある程度、
相場に織り込み済みとなっており、やはり平均賃金の上昇が
見られない限りは、利上げをすることで、すぐに個人消費が
失速する恐れがある見方が大勢を占めているようです。


■今後も米雇用統計の見方については、平均賃金に注目が
集まるとみています。

というのも失業率や非農業部門雇用者数に関してはある程度、
景気の土台ができたことで利上げを行ったと判断している
わけですが、インフレ見通しに関しては未知数なところがあり、
もしこのまま利上げすれば個人消費の失速は勿論、
悪いインフレを巻き起こす可能性も否めないとみています。


■また、10日にECBの金融政策の発表があることも、
相場の動きを鈍くさせたとみています。

既に相場参加者は、日欧の金融政策次第で、米国の金融政策の
方向も定まると思っている様に思えます・・。


■日欧が金融緩和、米国が金融引き締めとなれば、
政策の違いでドル独歩高になりかねず、新興国の資金流失が
今まで以上に起きる可能性は十分に考えられます。


■本日は、これといって材料が無いことからも
114円の大台を挟んでの狭いレンジでの取引に
なるとみています。




■テクニカルとしては・・、

日足ベースで上値ポイントとして、ボリンジャーバンド
+1σ(114.20円)、+2σ(114.98円)とみています。

下値ポイント、先週末安値(113.18円)、一目均衡表転換線
(112.80円)とみています。

y0307


やはり週間足でも良くわかりますが、115円レベルに
一目均衡表の先行線を示す雲があることからも、
大きな抵抗であることが良くわかります。

本日のチャートはドル円の週間足を掲載しています。




■お知らせ■

↓↓
■FXプオプションも解説!【7時間集中!FXトレーダー養成セミナー】開催!

↓↓
■「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス

↓↓
■【無料Webセミナー】FXの売買手法を応用して、コモディティCFDで大きな収益を狙う方法


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


FXニュース | 2016-03-07(Mon) 11:13:20 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース