■米賃金上昇の鈍さが景気の足かせ材料に・・・

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



みなさま、こんにちは。


■昨日は、注目されていた米ISM非製造業景況指数が
2年ぶりの低水準になり、ドル売り優勢のきっけに
なりました。

アジアタイムで「円が売られ」、NYタイムは「円が
買われる」展開が続いていますが、今夜は米雇用統計です。


■ポイントとなるのは、雇用者数(予想値19.5万人)と
平均時給になります。

特に平均時給(予想 前月比:+0.2% 前年比:+2.5%)に
関しては、このところ予想値を下回り、賃金上昇の鈍さが
景気の足かせ材料になっているのは明白です。

特に米国経済に関しては7割が消費で占めているだけに、
利上げ判断基準のデータとしても、外せない材料に
なりそうです。



■また、昨日もここで書きましたが、NY金先物価格も
日足上の抵抗とされていた1250ドルを引値ベースで突破し、
金先高見通しからドル売り優勢の展開とみています。

つまり、「金買い=ドル売り」がベースになり、ドルの上値は
抑制されると予想しています。

あとは、ECBや日銀の金融政策の出方次第で、変化が
ありそうですが、基本的にドル円に関しては115円を
こえるのは難しいとみています。




■テクニカルとしては・・・、

y0304


日足ベースで上値ポイントとしては、ボリンジャーバンド+1σ
(114.45円)や節目の115円とみています。

下値ポイントとして、一目均衡表転換線(112.80円)や
ボリンジャーバンド-2σ(112.60円)とみています。



■お知らせ■

↓↓
■FXプオプションも解説!【7時間集中!FXトレーダー養成セミナー】開催!

↓↓
■「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス

↓↓
■【無料Webセミナー】FXの売買手法を応用して、コモディティCFDで大きな収益を狙う方法


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


FXニュース | 2016-03-04(Fri) 11:35:55 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース