■ドル円、クロス円は売り優勢継続



☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 現在、「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!



みなさま、こんにちは。

■昨日は、リスク回避の円買いが継続の一日でした。

中国株式市場も前日の株価急落を受けて
資金供給などの支援策を打ち出しているものの、
市場の反応は鈍く下げ止まっていないようです。

また、中東情勢悪化も円買いを更に拍車を
かけています。


■アジアタイムではそれほど目立った動きは無かった
ものの、ロンドンタイムに入り12月のユーロ圏
CPIが、市場予想と前月の+0.9%を下回ったことで、
追加緩和観測が強まり、ユーロ売りが目立ち始めた
ことから円買いの動きを促進させました。

この流れを受けてユーロ円でも8ヶ月ぶりとなる
127.47円をつけました。



■本日は、クロス円での全面安の反動でいったんの
戻りはあるものの、売り優勢に変化は無いと
考えています。

ポジションを取る差異は十分に引き付けた方が
得策です。

注目となる材料としては、中国株式市場の動向と
中東情勢からくるリスク回避の動向。

そして金融政策面では、先月利上げを行ったFRBが
はじめてのFOMCの議事録を発表することに
なりますが、利上げペースに関する何らかの
キーワードが出るかどうかが焦点です。



■テクニカルポイントとしては・・・、

y0106


上値ポイント日足ベースで昨日の高値(119.70円)、
一目均衡表の転換線・ボリンジャーバンド-1σ
(119.90円)とみています。

下値ポイントとしては、1月4日の安値(118.70円)、
を割り込んだ為、昨年10月15日安値(118.05円)と
みています。


■また、ユーロドルの動きにも注目しておいた方が
良いと思っています。

というのも戻り優勢の自立反発の相場が終焉したとも
いえるテクニカル上の1.08ドルラインを割り込んだ為
完全の戻りトレンドが終わったと見ています。

追加緩和観測が強まるにつれ再度、ユーロ売りも
リスク回避の円買いの速度を速める材料にも
なり兼ねないのでユーロ動向も確認をする様にして下さい。




■お知らせ■

2016年は「7時間集中 FXトレーダー養成セミナー」
中身を改良してやってきます。

セミナー詳細
↓↓↓

「7時間集中 FXトレーダー養成セミナー」



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇



--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


FXニュース | 2016-01-06(Wed) 11:43:42 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース