■本日は、過剰反応は少ない展開



☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 現在、「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!



みなさま、こんにちは。
本年も宜しくお願い致します。

■昨日は世界同時の大発会となったわけですが
波乱の幕開けとなりました。

中国の12月製造業購買担当者景況指数(PMI)が
景気判断の分かれ目となる50を下回ったことが
きっかけとなり、先ず中国株式市場がサーキット
ブレーカーを発動させる大幅続落(約7%)となりました。


■更に、サウジアラビアやバーレーンがイランとの
外交関係を断絶したとの報道を受け、地政学的リスク
懸念で、リスク回避の円買いも加速。
NY時間に入り米国の12月ISM製造業景況指数や
建設支出が予想を下回ったこともドル売り要因に
なりました。


■ここにきて新たな中東情勢カードが参入したことで、
全マーケットが心理的にリスク回避を更に強め、
恐怖指数(VIX指数)も20ポイントを超えたことで
警戒水準に入っています。


■本日は、マーケットのセンチメント悪化を背景と
した円買いが起きやすい展開ですが、落ち着きを取り戻す
と思っています。

勿論、中国株式市場が株安で止まらないようであれば
円買いが進みやすい地合いですが、本日は昨日ほどの
過剰反応はないとみています。





■テクニカルポイントとしては、上値ポイントは、
日足ベースの一目均衡表の転換線(120.10円)、
ボリンジャーバンド-1σ(120.12円)とみています。

y0105


下値ポイントとしては、ボリンジャーバンド-2σ
(119.09円)、昨日安値(118.70円)、
直近安値(昨年10月15日 118.06円)とみています。


■ドル円の週間足ベースでも一目均衡表は既に雲に
突入していますが、中期的にも重要とされる75週線
(118.25円)にも接近しているので注意が必要です。

昨日のシナリオどおりに年前半は円高、年後半にかけて
円安になる可能性ができているので、トレンドを
しっかりと見直す局面にきていると考えています。




■お知らせ■

2016年は「7時間集中 FXトレーダー養成セミナー」
中身を改良してやってきます。

セミナー詳細
↓↓↓

「7時間集中 FXトレーダー養成セミナー」






◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇



--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


FXニュース | 2016-01-05(Tue) 11:54:07 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース