■FOMCの利上げペースのコメントが無くても、リスク先行的なドル買いに?


☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 現在、「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

みなさま、こんにちは。

■昨日のNYタイムに発表のあった米消費者物価指数が
市場の予想値を上回ったことから、NY原油、米株価が
反発し、ドル買い優勢となりました。


■本日のメインとなる材料であるFOMCは、
政策金利の引き上げが賛成多数で決定されることが
確実視されています。

特に懸念されていたコアインフレ率が2.0%に達した
ことも、利上げへの後押し材料になっていると
考えています。

また、仮に2.0%程度のコアインフレ率が持続できた場合、
利上げペースに関しては、年4回の利上げも
実施可能であると考えています。


■本日のFOMCの声明文で利上げペースに関する
コメントがあるのかに期待していますが、最近の金融市場は
原油価格のボラティリティの大きさに配慮して、
コメントは控える可能性は高いのではないかとみています。

しかし、本日に関しては金融正常化に向けた利上げを
背景に、リスク先行的なドル買いが優勢である
考えています。



■テクニカルでは、上値抵抗ポイントとしてあげていた
移動平均75日・200日線をクリアしたことが上昇機運に
つながっていると思います。

一目均衡表では先行線を示す雲に突入しかかったものの、
雲を抜け出たことが安心材料になっています。

しかし、遅行線は実態部の下に位置しているので
まだ戻り相場であることは忘れないように気をつけたいです。

本日の上値ポイントは、先週末高値の122.23円、
ボリンジャバンドのセンターバンド122.45円と
みています。

下値ポイントは、200日移動平均線の121.59円、
同75日線の121.16円とみています。


〜お知らせ〜

↓↓↓
■【FXオプション実況中継:含み益のポジションにFXオプション活用する】

↓↓↓
■相場の予想が外れても、ヘッジをしながら利益を追求する方法

↓↓↓
■今年最後の「FXオプションセミナー」開催です


宜しくお願い致します。



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇



--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


FXニュース | 2015-12-16(Wed) 11:36:08 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース