【「裁量」を伴うテクニカル指標は強力?】 0623

■本日のピックアップ :【「裁量」を伴うテクニカル指標は強力?】


■FXトレードをする際、通常のチャートソフトであれば、元々決まっている
チャートは備わっています。

例えば、「移動平均線」、「ボリンジャーバンド」、「RSI」等々です。

私自身は元々備わっているテクニカル指標よりもオリジナルチャートを
作成し、それをトレードに使った方がメリットがあると考えていました。



■しかしながら、元々チャートソフトに備わっているテクニカル指標も
かなり使い勝手が良いものもあります。
全てオリジナルが一番ということではありません。

チャートソフトに備わっているテクニカル指標を1つ1つ確認して
いくと、確かに「これは使える」というものもあるのです。



■問題は、それをどう使うか? 
また、元々備わってテクニカル指標にも一部「裁量」で使うものも
あります。
テクニカルの「期間」は元々設定済のものが多い中、
サポートライン、レジスタンスライン、フィボナッチなどは、「裁量」を
伴います。

正しく使えば、当社オリジナルのテクニカル指標に匹敵する
くらいもの、それ以上ものもありますが、使い方を間違えると
逆に役に立たなくなってしまいます。


■ここで正しく、、、とは、「ルールを決めておく」ということです。
具体的には今度解説をしますが、「裁量」を伴うテクニカル指標を
使用する場合、予め「ルール」を決め、相場の動きにまどわされず、
自分に都合が悪くとも、その「ルール」を貫くことが肝心です。



今週も宜しくお願い致します。





----------------------------------------------

■「無料!トレーダー育成 動画プログラム」の公開です。

この度、無料でトレード動画をご覧になれるコンテンツを用意致しました。
下記のアドレスから登録をして頂くと、自動返信メールにて
IDとパスワードが記載されています。
↓↓↓↓
http://trade-time.com/trader/
----------------------------------------------





↓皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


手法、心理 | 2014-06-23(Mon) 14:23:04 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース