【誰でもぶつかる相場の難しさとは?】 1217

■トレンドに沿ってその流れの中で「押し目」や「戻り」を探って
トレードをすると、そのトレンドが長く続けば続くほどポジションが
育ち、大きな利益に繋がります。


■しかし、後々チャートをみると「大きなトレンド」が発生して
いたことが分かっても、いざトレードをしてポジションを持っていると、
早く利食いをしたくなったり、いつ反転してしまうか? 
また不安な状態が続くこともあります。

そのうち、相場が思惑と反対に大きく動いてしまうと、「損切り」
が頭によぎり、仕方なくポジションを決済することもあるでしょう。



■また暫く経つと、「損切り」した時点から急回復し、当初の
思惑と同じ方向に動きはじめることもあります。

昨日のトレードで私が使っているインディケータが「反転」を示す
動きだしたので、「ユーロ/ドル」をロングしました。

一時的に含み益を抱えていたのですが、ロンドンタイムに入ると、
50P程急激に下げ始めました・・・。
仕方なくポジションを閉じたのですが、なんとそこから「ユーロ/ドル」は
急回復となりました・・。



■しかしこれが相場です。

ポジションを建てた後、どう動くかは誰にも分かりません・・・。
後々になって、やっぱり「損切り」をしない方が良かった思う
こともあるかもしれません。
また、余裕を持った「LC幅」を想定しておくことも大切なのかも
しれません・・。

しかし、あまりに「LC幅」を大きくし過ぎて、それが「損切り」と
なってしまうと、その次以降のトレードで取り戻すことが難しく
なります。




■相場は全ての思惑が重なってそれが結果となって
トレンドにつながります・・。

勿論その過程で、上下を揺さぶる材料もあり、これがトレーダーを
悩ます原因の1つです。

大切なことは、一旦負けたとしても、相場は続き、また大きな
チャンスがやってくるということです。

その次以降のチャンスをものに出来るかどうかの方が
よっぽど大切です。

日足ベースのトレードでなく、仮に8時間、4時間等でのトレード
となれば、チャンスは翌日にもやってきます。

相場は途中の過程が大切で、何が起きてもおかしくないと
言い聞かせて日々着々と続けることが大切です。






----------------------------------------------

■「無料!トレーダー育成 動画プログラム」の公開です。

この度、無料でトレード動画をご覧になれるコンテンツを用意致しました。
下記のアドレスから登録をして頂くと、自動返信メールにて
IDとパスワードが記載されています。
↓↓↓↓
http://trade-time.com/trader/
----------------------------------------------





↓皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

スポンサーサイト


手法、心理 | 2013-12-17(Tue) 14:05:46 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース