【「型」にはまり過ぎないトレードとは?】 0716

■「トレード手法」を学んで、さぁ、これからトレードを頑張ろう
と始め、何度かトレードを繰り返していると、、、

下記の様に、いくつかのパターンがでてきます。


1)自分なりにルールを加える、または工夫する

2)取り敢えずは、ルール通りにやってみる

3)デモからトレードをやってみる

4)エントリーは決まったルールで、決済は自分の裁量

5)完全に理解していないままトレードをする

6)全て自動売買と同じ様に、柔軟性がなくなっている

7)自信がなくなってくる

8)徐々に上達してきていることが実感できる



■もちろん、上記が全てではありません、色々な考え、
パターンがあると思います。

最近、接している個人投資家さんとお話をすると、
はあり得ないとして、6)の様なようなところから、脱出
出来ない方が多い様に感じています。



■確かに、手法と言えばエントリーから決済まで決まっている
ものが手法であって、そのところが曖昧だと、実際にトレードを
するにも迷いが生じてしまいます。

しかし、相場は「生き物」であることを忘れてはいけません。

過去の傾向(エッジ)は将来ずっと続く可能性の方が少なく、
徐々に薄れてきます。

仮にこのポイントが「買い」だという様なルールがあったとして、
そのポイントから数pipisずれたからといっても大きな影響は
ありませんが、仮に商いが薄く、値が飛んでいる時でも、ルールに
合致したからといって、エントリーをするのでしょうか?

トレードを続けていると、「絶好のエントリー」というのは
あまりありません。


■それらを見極めるには、多少の経験は必要ですが、
あまりに「型」にはまり過ぎてしまうと、トレード窮屈に
なってしまいます。

「型」にはまり過ぎない、エントリー&決済も学ぶ必要が
ありますが、それは【7時間集中!FXトレーダー養成セミナー】
でも解説をする予定です。


今週も宜しくお願い致します。



----------------------------------------------

■「無料!トレーダー育成 動画プログラム」の公開です。

この度、無料でトレード動画をご覧になれるコンテンツを用意致しました。

下記のアドレスから登録をして頂くと、自動返信メールにて
IDとパスワードが記載されています。
↓↓↓↓
http://trade-time.com/trader/
----------------------------------------------




↓皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


手法、心理 | 2013-07-16(Tue) 16:30:36 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース