【予め動きがないことが予想できる時の対応策とは?】 0705

■今夜は、米雇用統計の発表があります。

個人的には、ポジションを持ち越すかどうか?というときは
気になりますが、短期トレードにおいては、その発表前後は
ノーポジションであることが多いの為、結果のみ確認するだけで
ほとんどみていません・・・。



■それでも、多くの個人投資家さんにとっては気になる経済指標
の1つだと思います。

米雇用統計の発表前は極端にポジションを傾ける動きが
少なるなる為、値動きが緩慢になる傾向があります。

この様な時に無理をしていつもながらのトレードをしたとしても、
仮に日中のトレンドフォローでのトレードをするとなると、
苦戦してしまうことも目に見えています・・・。



■この様に大きな値動き期待できない時は、それまでの
売買手法ではなく、レンジ相場に強い売買手法か? または
大きな値幅を求めないトレードをする必要があります。

私の場合は、値ごろ感の裁量ではなく、短期間にでも「ここと、
ここには値が到達する」というポイントをチャート上に
表示させて、勝ち逃げがしやすいトレードに徹します。

勿論、相場が通常通りに戻れば、いつもながらのトレード
に戻します。




■これらの考え(売買手法)、当社主催のFXコース内でも
解説しているものですが、「7時間セミナー」でも触れる予定
です。

良い週末をお迎えください。
来週も宜しくお願い致します。



----------------------------------------------

■「無料!トレーダー育成 動画プログラム」の公開です。

この度、無料でトレード動画をご覧になれるコンテンツを用意致しました。

下記のアドレスから登録をして頂くと、自動返信メールにて
IDとパスワードが記載されています。
↓↓↓↓
http://trade-time.com/trader/
----------------------------------------------




↓皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


手法、心理 | 2013-07-05(Fri) 14:43:38 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース