「ポジションを傾ける方向」

■よく「皆の行く道」の反対を行け、という言葉がありますが、
これを聞くと、何だか行き過ぎたところで、その後も追い
かけるのではなく、その時点で逆張りを仕掛けるイメージ
が先行してしまいます。


その時、多くの投資家のポジションが行き過ぎた所で
その後も追い続けていのではあれば、「大衆の反対」と
なります。その様な時は「人の行く裏に道あり花の山」が
当てはまります。



なので、日本の個人投資家は「逆張り」を好む傾向があり、
また途中、損失を抱えそうになると、ナンピンしてその含み損
を無くそうとします。




■相場の世界で一番儲かる状態とは、トレンドに乗れて
ポジションを増して増やした時です。



ナンピン(難平)はある程度効果が期待できるときもあり
ますが、リスク管理を厳格に行わないと大損失につながり
ます。

私生活では皆と同じ事をすることは、やや苦手なのですが、
相場に関しては、皆が間違えて「投げたり」「踏んだり」して
正しい方向に向かおうとしている時に、素直にその流れに
乗った方が得策である場合が多いです。




■使うべきポイントは、異なる時間軸の流れを確認することと、
確率の高いエントリーポイントを探ることです。

片張りのトレードが上手くいくようになれば、その他のトレードは
そう難しくありません。ただこの片張りトレードが難しいのです。


最近の個人セミナーでは話をしているのですが、将来何らかの
目的があって、市場から「利益」を思っているのであれば、
絶対FX,または株だけと限定しない方が良いと思っています。



私の場合、、、
国内市場ではできないのですが、「上」か「下」かの予想を極力
しないで、機械的に「作業」を繰り返すトレード方法というものも
実践していこうと思っています。


勿論これが安定的になってきたら、公開の可能性もありますが
あくまでも「可能性」で、お約束はできないです・・・




■こんな感じで、一緒に上記の考えに賛同して頂ける方が
いるのであれば、一緒に勉強していくのもありだと思っています。
(ご希望の方はメールでお願い致します)



明日は「大阪」でセミナーです。
当初予定していたスタッフがインフルエンザで、私単独となりそう
です。。。


こんな時にヘルプが欲しいなぁ・・、と思いながら記事を書いています。


皆様、良い週末をお過ごしください。



↓皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


手法、心理 | 2013-02-22(Fri) 18:02:13 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース