「レンジ相場、・・・・・、でもトレンドはやって来る!」

トレンドフォロー系の売買での大敵は、レンジです。

今現在、トレンドが継続していると思い、エントリーをしても
正直、このエントリーがそのままトレンドに乗るとは限りません。

そのポジションを取った瞬間から、反対方向へ動いて
しまうこともあります。

そうなると、逆張りが有効なのかと考えてしまいます。

そして逆張り重視でやっていると、突如大きなトレンドに
遭遇します。
要は両方を使い分けることが出来るのであれば、それに
こしたことは無いのですが、今トレードをしているチャート
足の時間帯よりも、更に長い時間軸の流れを同時に確認
することだけでも、相場に対する迷いは軽減されます。

これを表示するには、多少特殊なチャートを用意する必要
があるのですが、少なくともトレンドに逆らうことが無くなる分、
利益確定のポイントは多く出現します。

短い時間内で相場が上下する様な状況下では、簡単では
ありませんが、通常1つの時間軸だけをみているよりは、
大きな流れと、その中でどこのポイントで入って、出て
いくのか?の判断はし易くなります。

このことが理解出来た時には、小手先のテクニックより
重要なことが得れると思います。



↓皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


手法、心理 | 2012-11-09(Fri) 19:20:31 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース