「切羽詰まるより、余裕を持つこと」

先日、あるお客様とのやり取りで感じたことが、やはりトレードは
メンタルによって成績が左右されるということです。


その方は、一度負けてしまうとその後、シグナルが出たとしても
エントリーが出来ず・・・、エントリーをしてもルールを破ってLC
ポイントになる前に自らロスカットをしてしまう、そしてその行為が
間違っていたことに気がつくと、自信を無くしてしまうという様な
状況とのことです。


私も負けず嫌いな所もあって、勝ってその一日を終えたいと、
それだけを考えていた日がありました。途中連勝連勝が続いた
時は、ハッピーそのもので、全てが楽しい・・・、そんな期間もあり、
反対に一旦負けると、その負けを取り戻す為に、ポジションを
証拠金ギリギリまで使うこともありました。


確かに、マージンカットの経験は無いのですが、それまで積み
上げた利益の大半を失ったことはあります。


トレードは無茶をしてしまうと負けます・・・、
また損益ばかりに執着しても良い結果は望めません・・・、


可能性があるのは、負けるパターンの反対側に立ち、それを
信じてコツコツやること、そして正しくトレードを行うことに執着
すべきであって、目先の利益ではありません。


それを実行し続けるには、余裕を持つ事が大切です。
切羽詰まると、冷静な判断も出来なくなります。とにかく多くの
個人トレーダーが失敗することの反対をすることが、優勢性
をもつことにもなります。



↓皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


手法、心理 | 2012-08-29(Wed) 18:14:55 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース