「機械的なエントリーだけでは勝ちにくい?」

色々な「売買手法」でトレードをしている方々と接すると、
大きく勝っても、逆に大きく負けても「裁量トレード」の方が多い
というのが前々から感じていることです。


しかし、裁量で長い期間負けているのであれば、自動売買に
切り替えた方が成績は良くなる傾向がありますが、難しい
ことは、いつドローに遭遇するのか? またその賞味期限が
いつまで続くのか? がやっかいです。


私の場合、出来れば24時間トレードをしたい・・・、と思っても
それは無理なことで、外出時や就寝時は自動売買を走らせて
いる状況です。


ただ、チャートを見ていられる時間なら、エントリーから決済まで
の経緯を確認しながらトレードを繰り返した方が上達は早く
なります。



そのような時に感じることは・・・・、

・あとも少しのポイントまで動いたらエントリーが出来た・・・
・元々のポイントより、早く利益確定をしておけば良かった・・・
・もう少し利益を伸ばしたかった・・・
等々・・・、色々とあると思います。



相場の状況は日々変わってきます。


その変化に対応する為には、入り口から出口まで決まった
売買手法を持つと同時に、それに肉付けすることが大切です。

機械的な売買は悪くありませんが、それぞれ両方のメリットを
取り入れることが、数少ない勝ち組になれる要素だと思っています。




↓皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


手法、心理 | 2012-08-21(Tue) 18:55:27 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース