「上昇狙いの押し目、下降狙いの戻り」

「上昇狙いの押し目、下降狙いの戻り」


トレードで優位に立つには、トレンドを把握する事が大切です。
そして、そのトレンドに逆らうのではなく、素直にその流れに
沿ってトレードをする方が、より確率は高くなります。

といっても、行き過ぎたところを逆張りでエントリーをする方法も
嫌いではありませんが、今回は順張りの手法について書いて
みます。

現在FXトレンド指南という手法を使い。3ヶ月のトレーダー
育成コースを開催中なのですが、この手法はトレンドに沿った
売買が中心となっています。

そのトレンドに沿った売買を心掛ける際に、より勝つポイントを
探ろうとすると、上昇局面では「押し目」、下降局面では「戻り」
を上手く捉えることが大切です。

明らかに上昇局面が続く場合でも、ほとんどの場合、下げる
局面があります。そこを捉える事によって、万が一逆に動いた
としてもリスク額は抑える事ができます。(下降は反対)

しかし、相場は気まぐれで、それまで上昇局面だったものが、
突然下降に転じる時があります。

上昇局面だからといって、下げ過ぎてしまったところを、単に
安く買えたと喜んでいる様だと、その後現実に下げ始め、
トレンドが変わっているにも関わらず、ロスカットが出来なく
なってしまいます。

その様な事態を最小限にする為には、「フォルター」が必要と
なり、上昇局面でいくら下がったとしても、そこで買いエントリー
をいれるのではなく、そのままトレンドが変わってしまう様な
状況では、無理をしないで次の機会を素直に待った方が、
資金の減少を抑えることが出来、勝てる確率の高い時のみ
にトレードを絞り込む事が可能になります。

その意味では、「フォルター」を駆使する必要があります。
(あまりに多くの「フォルター」は無意味ですが・・・)

これらの詳細は、FXトレンド指南の中で解説をしています。
(現在は新規募集は行っておりません)



↓皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


手法、心理 | 2012-08-13(Mon) 18:39:22 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース