「トレンドに沿って分散発注、、、、その効果は・・・」


この世界で勝ち残るとしたら、レンジ相場の状況下での
逆張り、トレンド発せ中での順張り。
つまり今レンジなのか、そうでないのか?を把握出来れば
勝つ確率は飛躍的に向上しますよね?


しかし、幾つかのテクニカルでトレンド発生時かどうかを
見極めるものがあっても、十分ではありません。

今PC上でのチャートをみていて、それがトレンド中なのか?
発注した途端、今までのトレンドが崩れてしまうこともあり、
後々になってみないと、結果は分かりません。


以前、分散発注について触れましたが、例えば20万ドルを
発注しようとしたら、1万ドルに分ければ20回に分けることが
できます。その過程でトレンドが変わった場合、20回に達する
前に決済をします。

この方法は効果的なのですが、負けた次のトレードでの
エントリーが大切になります。


ここからは、教科書通りの話ではありません。

元々20万ドル分を発注しようとしていたら(1回目)、その枠を
大きくすることも考慮に入れます。つまり負けた後はトータル
30万ドルという様なイメージです。


マーチンの考えではありません。


またこの建玉方法に関しては、ある程度勝率の高い手法に
限定されます。

あくまでもトレンド発生を期待しての、分散発注になりますので、
曲がれば、全てを投じる前に決済となります。

なんだか難しいかもしれませんが、詳細に関してはまた次の
機会にお話をしたいと思っています。


↓皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


手法、心理 | 2012-04-11(Wed) 17:34:21 | トラックバック:(1) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2012/04/11 17:45 | まとめwoネタ速suru | まとめteみた.【「トレンドに沿って分散発注、、、、その効果は・・・」】 この世界で勝ち残るとしたら、レンジ相場の状況下での逆張り、トレンド発せ中での順張り。つまり今レンジなのか、そうでないのか?を把握出来れば勝つ確率は飛躍的に向上しますよね...


Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース