◆◆「今日の相場メンタル力」◆◆

「ポジショントレードの利点、欠点」


ポジションを保有したら、数日間~1,週間程オーバーバイト
をするようなトレードが数年前までは主流でした。

しかし、最近はスプレッドの縮小、超短期売買のEAが増えて
いる中で、ポジションを保有する時間が短かくなる傾向が
強まっています。

ポジションを数日間持つことのメリットは、
・細かな動きに左右されない
・思惑が当たった場合は、スキャルより大きな利益になる

反対にデメリットは、
・1回大きな損失を計上してしまうと、取り戻すまで日数がかかる
・短期トレードよりリスクを多くとるため、数量が少なくなってしまう
・売買チャンスが少ない


最近のトレンドは、ポジション保有の時間が短かくなっている
ことが鮮明になってきているので、私達個人投資家もその
流れに合わせる必要はありそうです。

仮に1か月に30万円を儲けようとする目標があった場合で、
それをポジショントレードでこなそうとした場合に、その時が
レンジ相場相場だった場合や、2回、3回連続して負けてしま
ったとすると、その1か月はマイナスとなってしまいます。


これが短期売買ならどうでしょうか?
仮に2回、3回連続して負けたたとしても、1日の中に何度か
大きなトレンドが発生します。そのトレンドに乗っかることが
出来れば、その日は勝ちに転じる可能性もあります。

勿論すべてを短期(スキャル)を勧めているということは
ありません。数日寝かしておくポジションも大事ですし、
併用して短期のメリットを活かすような、分散投資がより
効果的で、安定した「収益改善」に貢献すると思っています。



↓皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


手法、心理 | 2012-04-09(Mon) 11:05:37 | トラックバック:(1) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2012/04/09 11:20 | まとめwoネタ速suru | まとめteみた.【◆◆「今日の相場メンタル力」◆◆】 「ポジショントレードの利点、欠点」ポジションを保有したら、数日間〜1,週間程オーバーバイトをするようなトレードが数年前までは主流でした。しかし、最近はスプレッドの縮小、超


Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース