「分散発注の効果は?」


「分散発注の効果は?」


逆張り、順張り・・・・、この世界で利益を残そうとするので
あればどちらも特徴があり、有利、不利はあるものの、必ず
しもどちら1つにこだわる必要はないと思っています。

レンジ内の動きに終始しているときは、逆張りの方が
有利なのですが、逆張りの場合、ナンピンを繰り返して
しまう傾向があり、レンジからトレンド発生となると、大きな
損失となってしまうことも、良くあるパターンです。

そんな時に限って、トレンドフォローの良さを、しみじみと
感じてしまいます。

私自身色々な手法(EAも含む)を駆使していますが、
メインは1分足でエントリーのポイントを探っています。

そのメリットは、
・1日に何度もチャンスが訪れる

・時間ある時にトレードができること

・損失額も抑えられること

・負けてもその日の内に挽回することも可能

また同時に、エントリー(決済)を分散することも効果が
高いと考えています。

始めから全力でエントリーをしてしまうと、買いなら
すぐ下がり、売りなら、売った瞬間すぐに上がってしまう
ことがあり、一発で仕留めることは出来ません。

トレンドに沿った順張りの場合で、例えば上向きなら、
数量を10~20に分けて「押した所」を買い進むと、
分散効果を得ることができます。勿論ロジックに沿った
エントリーが必要ですが、効果は高くなります。

今朝、8時~10時までユーロ/ドルが30P程上昇したの
ですが、1分足では小さな下落を伴いながら上昇する
過程で、全部で18に分けてエントリーを行いました。

最後のエントリーが引っ掛かった時点で、全てを決済
したのですが、それなりの効果は得ています。

始めにリスク金額、さらす数量を決めた上で、それを分散
して細かく発注していくこともテクニックの1つです。

最近のFX会社は1000通貨単位でOKなところも増えて
きていますので、大きなリスクは負いたくないということで
あれば、利用する価値はあると思います。



↓皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


手法、心理 | 2012-03-21(Wed) 12:36:37 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース