【ドル/円】 エンベロープでは行き過ぎ感台頭&マーケット動画

こんにちは、


【ドル/円】


今月に入ってからドル/円の上昇が目立っていますが、
一方的な動きに対して、注意を要するポイントに近づき
つつある状態になっている可能性があります。


下記は、ドル/円(日足)にエンベロープを加えたチャート
になります。

エンベロープとは、移動平均線に一定の幅を上下に乖離
たテクニカルで、価格が乖離し過ぎると、平均に戻ろう
とする力が働くという考え方が基礎となります。


sa0229.png




上記の丸印では、移動平均より大きく乖離した後の
戻りが鮮明になっていますが、特にここ数年のドル/円は
プラス乖離が大きくなると、一時的に「下」圧力が増す
傾向がある為に注意が必要です。

現時点ではすでに81円ミドルレベルから150P以上下落
しています。今後この下落から一時的な「押し目」となる
のか? それとも暫く下落が続くのかは、直近の高値を超える
かが1つのポイントになります。


以下、お知らせです。

KOYO証券さんの「マーケット情報欄」にてテクニカルの解説を
しました。タイトルは「3月の金はこう動く」ですが、中身は
トレンド確認方法についてです。テクニカル初心者の方向けの話と
なっていますが、その考えからさらに発展させたものが、現在の
トレード手法の一部となっています。

若干、音声とチャートが小さいのですが、その後のフォローは
当社のページでも解説をしますので、一度ご覧ください。

「マーケット動画」

(今なら、一般向け動画は期間限定でご覧になれるとのことです)



↓皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


手法、心理 | 2012-02-29(Wed) 18:19:35 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース