【裁量、シストレ、それぞれの良いところを使う】


最近、自動売買が盛んになっていて、FX会社も売買の活性化
を促すために自動売買のコンテンツをもつところが増えて
います。

個人投資家には良いことなのですが、仕事柄何年も前から
FXに限らず、225先物も含めて多くのシストレをみてきて
いますが、数年間も勝ち続けているシストレは少ないですね。

私が8年前に作ったコモディティのシステムで、資金が
どんどん増えていくものがあったのですが、それも現在で
は使い物にならなくなっていると思います。(最近検証して
いないので、はっきりと分かりませんが・・)

でもその時は、これで半永久的に利益を上げ続けると確信
していました。検証レベルでは過去15年以上負けなし、
実運用でも勝ち続けたのは事実ですが、ある時期から歯車が
狂ってきました。
その時は「板寄せ」だったのが、ザラバに変わったことで機能
しなくなったという要因もあったのですが、1つのシストレだけ
で長い期間勝ち続けることは難しいですね。

そうかと言って、全てを裁量に任せることは危険で、エントリー
から決済まで、しっかりとした手法を持つことは大切です。

現在は自動売買でなくても、その手法のロジックにヒット
した時に「音」をだしたり、「印」を表示させることは簡単に
出来ます。
そこで、実際にエントリーをするかどうかは、その時の相場
状況によります。

つまり、利益を上げ続けるには、過去の検証によるデータ
とその場の状況を把握するスキルも養う必要があります。

多くの自動売買は、その時までは物凄く儲かっていた様に
みえ、それを採用した途端、ずっ~と横ばいまたは、今までに
ないドローダウンに遭遇してしまうことも珍しくありません。

勝つ秘訣の1つは、多くの手法がコツコツ勝って、ある日
一気に大負けしてしまうロジックと反対のものを持つことです。

以前、セミナーでは触れたことがあるのですが、またの機会
に書くようにします。





↓皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


手法、心理 | 2012-02-13(Mon) 12:16:48 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース